2017-01-03 19:28:32

 

 

遅くなりましたが明けましておめでとうございます^^

今年もよろしくお願いします_(._.)_

 

早速ですが名前で占う書初めを見つけて

してみました

 

 

本名でしたもの

これが一番素敵です^^

 

 

ちなみに今年引いたおみくじでは

「色恋沙汰に注意」でした^^;

 

今年もたくさんの絵が描けますように(祈)

 

 

2017-01-07 14:37:13

 

占い結果、放牧

 

 

いきものがかりさんが放牧されるとか

私は一部の歌以外

そんなに強いファンではなかったのですが

「放牧」っていい言葉だなと思いました

 

 

太陽の下草をはんで

野生の生き物じゃないから

真の自由ではないけれど

 

夜には小屋に戻り

朝には空の下

 

太陽にあたり

草を食べて

乳を出し

眠る

何にも考えずそこにある

 

放牧される牛のように

生きられたらなと思いました

 

(下手したら肉にされますが^-^;

最後まで食われて無駄がないというのもまた

それはそれで理想かも)

 

 

 

2017-01-10 09:45:21

 

もう1月10日

1年365日の約36ぶんの1

新年からのたった10日分を

36回+6日生きただけで

もう大晦日だ~~**

 

と無駄に気を焦らせています^0^;

 

 

 

2017-01-16 16:31:58

 

 

 

前から見たいと思っていた「この世界の片隅に」

上娘とみてきました^0^

 

ど、感動でした;;

 

もう一回観たい

今まではそう思ったらDVDを買っていたのですが

もう一回映画館で観たい~~

 

なのでもう一回観てこようと思います^^;

初めてのことです

 

 

原作者のこうの史代さんのことは荒神の挿絵からファンだったのですが

(荒神も傑作です。映画化してほしい・・)

 

映画観終わってすぐ

原作漫画買ってしまいました~~~>0<

 

ここ最近一番の大ヒットです~~~;▽;

 

この年になると愛蔵本ってなかなか増えないのですが

永久愛蔵本化です!!!

 

絵も話も優しくて、色気があって

宝石のようなセリフの数々が輝いていて

 

余韻にずっぽりひたっています

 

「誰でも何かが足らんぐらいで

この世界に居場所はそうそう

無うなりゃせんのよ」

 

私にはいろいろ足りない所があって

娘たちにも足りない所がいっぱいあって

 

何だか私たち親子、

この世界のやっかいもんみたいな気がしていたので

涙、ダーダーでした;;

 

 

 

2017-01-17 21:45:38

 

 

 

「くどくど言ってしまう」

 

娘たちが障害があるとはいえ

変なこだわりを上娘が見せようと

下娘が無限におしゃべりに相槌を求めようと

 

それはストレスにならない

 

ストレスになるのは

学校から

「困りましたね~」

「今日はこんな困ったことをして・・」

「最近成長が止まっていて・・」

などと

連絡帳に書いてあること

 

特に上娘はほぼ毎日

 

普通企業に働くため

学校では求められることも増えてきて

 

上娘は絹ごし豆腐のように

ハートが柔らかくて

プレッシャーに弱いので

 

問題行動も増えてくる

 

私はニコニコお母さんでいたいのだけれど

連絡帳に「困りました困りました」と

毎日のように書いてあると

 

ぷっちん理性が切れて

 

娘にくどくどくどくど言ってしまいます

 

私はくどくど言いなのです><

うちの父がくどくど言いで

本当に子供のころ嫌だったのに

(何回も言われたら余計にやる気無くす)と思っていたのに

 

なんのことはない

親になったら

お父さんそっくりのくどくど言いに

なっていました 

 

 

くどくど言って問題行動が治るならいいけれど

そんな簡単なものじゃない

くどくどに言うのに全く意味はない

 

私も疲れて娘も疲れて

私は悲しくなって娘も悲しくなって

いいこと一つも無し

 

わかっちゃいるのに止まらない

止められない

 

心で泣きつつ;;

くどくどくどくど

 

連絡帳にあれやこれやネガティブなことを

書かないでほしいと

心の中で先生にやつあたりです^^;

 

もう就職が無理なら

 

料理が好きだし

 

家に置いて家事手伝いをしてもらってもいいやと

 

投げやりな気分になってみたり

 

娘のこだわりゆえの問題行動もですが

私のくどくど癖を治したいです

まずは><

 

 

 

 

 

この日記にお手紙を下さったM様への返事の手紙より

 

 

mOOOOO
温かいメッセージをありがとうございます●^^●
涙で読みました

本当に、母親だからこそ
いろんな感情がまぜこぜになってしまうんですよね^^;

多分子供側にとっても、自分の親だからこそのいろんな許せないもの
愛憎ごちゃまぜなものがあるのじゃないかと思います

他人なら距離を置けますが、血のつながった家族、特に子供は
嫌になったから手放すって、そうそうできませんものね
子供側も親に我慢が出来なくても、そうそう家を出ていくって
難しいですし

障害は本人にとっては障害でもなんでもない
障害は社会が作るという言葉がありますが

本当にそうだと思います

娘たちのこと、私にとっては家族だけでいる限り
障害児ではないんですよ

こういう個性のこういう娘、
性格にすぎないのです

でも、そこに世間の目が入ると
(全然利害関係のない世間様よりもむしろ支援してくださる方、
専門家の方)
一気に娘たちは障碍者になり
私や旦那さんは障碍者の親になるのです

「こんなことでは普通の社会で生きていけない」
「普通に近づかないといけない」
「普通じゃない行動をする」

こういう言葉を聞くと
普通ってそんなに大事なことか
生まれてきて一生懸命生きるだけではダメ?

普通であることをエンブレムのように
おでこに張り付けて縛られなきゃいけないのかと思うのですが

なんとかこれは注意すれば治るのじゃないかと思うことはつい
くどくど言ってしまいます^^;

「なぜこんなに腹が立つんだろうと思ってよくよく考えてみると、
それってほんとに我が子かわいさの裏返しなんですよね。」
本当にそうだと思います


学校側は、普通企業に上娘を送り込むことを目標にされていて
親も子も、それを目指して頑張らないといけないと言われていますが

娘が娘らしく生きられるなら
普通企業でなくてもいいという想いと

でも少しがんばったら普通企業で働けるなら
お給料を人並みにもらえて、貯金もできて
親が死んだ後も安心という想い

でもその「少しがんばったら」が
娘には高い高いハードルで

私の「少し」と娘の「いっぱい」の差が
くどくどくどくどになってしまうんですよね^^;

それとは別に
旦那さんにもくどくど言ってしまいがちで

後からものすごい自己嫌悪なので心からこの
くどくど癖直したいです><


「今では昔のガミガミ母さんも遠い思い出」
そういう日が
いつか私にも来るのでしょうね

今でさえ、小さなころの娘たちを思い出すと
せつなくて涙がダーダーでてしまいます

遠い思い出になったら
寂しくて寂しくて泣き暮らしそうな気がします^^;

でも確実に訪れる近未来なのですよね

お子さんたちを立派に育てあげ、なおかつ1人の女性として自立され、
(結婚されていますが心は完全に自立されていると思うのです)
好きなことで起業されたmOOOOさんをとても尊敬していて指針にしています

私も近未来、そんな風に生きられるようにしたいです


これからもよろしくお願いします_(._.)_




 

「これ以上は望まない」

2月25日

下娘がしつこくカラオケに行きたいとねだるので

今日はヘルパーさんが休みだったので

 

上娘と下娘と私の三人で

行ってきました

 

上娘と下娘と駅前まで歩いていて

 

ああ、今幸せだなあと思いました

3人で歩く今を

 

きっと10年たっても

30年たっても思い出すんだろうなあ

 

今が100パーセント幸せで

これ以上の幸せは

望まない

 

 

上娘と下娘と歩く今

 

 

最近読んだ本で

遠い未来、

自分がどうしていたいか

幸せのゴールを決めておけば

そこへ向かって進んでいく指針になる

 

と読んで

遠い未来

自分がどうしていたいのか考えた

 

田舎道を毎日散歩してたい

景色のいいアトリエが欲しい

 

 

でも娘たちと歩く

都会の道だって悪くない

 

今はアトリエはないけど

自分にはもったいないほど大きなパソコンと

パソコンの向こうの窓に

物干し台ごしの空が見える

 

 

多分

 

景色のいいアトリエをいつか手に入れた時

 

この小さな小さな空が恋しくなるんだろうな

 

娘たちと歩いた

半端に都会の道を

懐かしい思いで

ふりかえるんだろうな

 

 

だから

遠い未来の幸せはいらない

 

これ以上の幸せは望まないから

 

どんなに時がたっても

2人の娘と歩いた幸せを

 

忘れないで覚えていられますように