雪女

昔々、雪国の山奥の村に、茂作とおの吉と言う親子が住んでいました

夏の間は木こりをし

冬になると狩人として暮らしています

ある日、2人は、雪の中で道を見失ってしまう

このままでは凍え死んでしまうぞ

雪風はますますひどくなる

疲れ果てた2人の前に山小屋が

ホッとして体を休める2人

やがて2人はうとうと眠りにつく

囲炉裏の火が風で消えてしまう

寒い・・

いつのまにか戸が開き

雪がビュウビュウ吹き込む

雪女!

雪女は、父、茂作の上にかがみこむ

フゥ~と冷たい息を吹きかけると

茂作の顔が白く白くなっていく

ふいにおの吉のほうを振り返る

ヒッ

そなたはとても美しい

殺さないであげましょう

 

ただしこのことを誰かに話したら、そなたの命を奪いに行きますよ

そのままおの吉は気を失ってしまう

 

翌朝、父は冷たくなって死んでいた

それから何年か後のこと

雨が何日も続いた夜

女が1人、軒先で雨宿り

濡れそぼり、疲れ切った様子の女を、おの吉は優しく招き入れます

身寄りがないという、お雪とおの吉はやがて結ばれ

可愛い子供も生まれました

幸せに暮らしていましたが、ただ1つ、心配なのはお雪が夏の暑さに弱いこと

優しいおの吉は、お雪をいたわりゆっくり休むように言います

お雪はとても幸せでした

ある冬の長い夜

お雪をながめていたおの吉は

ふと、あの夜の雪女を思い出します

 

あの日も、こんな雪の降る晩じゃった

わしはお前と似た美しい女とであった

名前は、そう雪女

あなた・・

とうとう話してしまわれたのですね

雪女は私なのです

でももう愛するあなたを殺すことなんて、私にはできません

子供たちをお願いします

出来ればあなたの側にずっとずっといたかった・・

 

さようなら

 

 

そうしてお雪は、雪の中に消えてしまいました

 

 

 

お終い

おまけのその後の雪女

 

・・・お雪が消えた後、子供たちは雪山に何度も母を追おうとした




おの吉は2人をギュッと抱きしめる

子供たちをずっと抱きしめていたかったであろうお雪の分も




「お母ちゃんは雪から生まれ雪に帰って行ったんだよ

あの人はこの山の自然そのものなんだ」




キョトンとする子供たちに言う




「この、山をすっぽり包む雪の中にも、吹く風の中にも、山から大地を通り流れてくる水の中にもあの人はいる

わしたちはあの人の優しい腕にいつも包まれているのだよ」




「じゃあ、お母ちゃんはちゃんとあたいたちのそばにいるの?」下の子が聞く




「ああ、ちゃんと」




懐かしそうに雪を運ぶ風の音に耳をすます父




2人は父に寄り添う










やがて春が来て、日差しが温かく3人を包みこむ



お雪の優しい腕のように




子供たちは光の中に母を見た気がして手をふる







いつまでも




温かい日差しの中で

こちらは描かせていただいた年賀状の絵です

 

 

 

雪女の福娘様のお話はこちらで読めます

http://hukumusume.com/douwa//pc/kaidan/01/10.htm

 

良かったらよろしくお願いします

絵を元に作っていただいたアニメ動画です