福娘さんお仕事イラスト

昔話

 

 

♥朝顔♥

 

 

 

 

 

 

昔話②

 

朝顔

福娘童話集様お話と

挿絵掲載ページ

 

リンク

 

 

 動画リンク

 

 

                 

挿絵全枚数(pixivページ)

 

リンク

サイトで書かせていただいたその後の朝顔の物語です

これ以後、昔ばなしの挿絵を描かせていただいた後、その後を描かせていただくのが慣例になっています

「静の眠る菩提寺に参った帰り、2人はお寺で保護された少女2人に会う
百合と鈴という幼い姉妹は旅の途中で両親を相次いで病で亡くしたという

まだ小さな姉が妹を守るようにけなげに抱きしめる

その顔に母は静の幼い頃の面影を見た気がする
父も同じ気持ちだった



ー姉妹を引き取って2か月


夏のある日、朝顔が1輪咲き、母は静の思い出を百合に語る
「おばちゃんも大切な家族が死んじゃったの?」

「この朝顔は静が大切にしまっていた種から咲いた朝顔から、
また種を取って、今年も美しい花を咲かせたの」

「この花からまた種が取れるの?」
「ええ、毎年夏が来るたびに静の朝顔が咲くの」

「じゃあ、静お姉ちゃんはずっと死なないね。朝顔の中に生きているのね」
ニッコリ微笑む幼い少女が愛しくて、ギュッと抱きしめる



朝顔が庭いっぱいに咲くころ

小さな鈴は言葉を話すようになり
舌足らずな声で「お父ちゃま」と甘え、父は嬉しくてたまらない様子で抱上げる

百合も今では2人をお父様、お母様と呼ぶようになり

その幼い手で朝顔の種を集める

 

キラキラ朝露が輝く庭に親子の笑い声が響く


姉妹を引き合わせてくれたのは静だと、父と母は信じている

2人には姉妹の笑い声と一緒に静の笑い声も聞こえた気がした」


その後の朝顔を描くことを快く了承して下さった福娘様、ありがとうございます!
*その後の物語は私の想像のお話です
こんな風になったらいいなという続きです

ハイライト

おまけ

 

ラフ初期キャラ案

 

サイト掲載時のその後の朝顔

おまけのその後の朝顔
作者 愛ちん
ページ数 1
種類 イラスト
大ジャンル 一般
中ジャンル 時代劇,ファミリー
投稿日 2012年07月29日
閲覧数 2487
応援数 1
作品紹介こちらは私の想像の世界のその後の朝顔です

「静の眠る菩提寺に参った帰り、2人はお寺で保護された少女2人に会う
百合と鈴という幼い姉妹は旅の途中で両親を相次いで病で亡くしたという

まだ小さな姉が妹を守るようにけなげに抱きしめる

その顔に母は静の幼い頃の面影を見た気がする
父も同じ気持ちだった



ー姉妹を引き取って2か月


夏のある日、朝顔が1輪咲き、母は静の思い出を百合に語る
「おばちゃんも大切な家族が死んじゃったの?」

「この朝顔は静が大切にしまっていた種から咲いた朝顔から、
また種を取って、今年も美しい花を咲かせたの」

「この花からまた種が取れるの?」
「ええ、毎年夏が来るたびに静の朝顔が咲くの」

「じゃあ、静お姉ちゃんはずっと死なないね。朝顔の中に生きているのね」
ニッコリ微笑む幼い少女が愛しくて、ギュッと抱きしめる



朝顔が庭いっぱいに咲くころ

小さな鈴は言葉を話すようになり
舌足らずな声で「お父ちゃま」と甘え、父は嬉しくてたまらない様子で抱上げる

百合も今では2人をお父様、お母様と呼ぶようになり

その幼い手で朝顔の種を集める

キラキラ朝露が輝く庭に親子の笑い声が響く


姉妹を引き合わせてくれたのは静だと、父と母は信じている

2人には姉妹の笑い声と一緒に静の笑い声も聞こえた気がした」


その後の朝顔を描くことを快く了承して下さった福娘様、ありがとうございます!
*その後の物語は私の想像のお話です
こんな風になったらいいなという続きです
タグ ヘルプ
作品についての感想や応援メッセージの投稿ができます。
2012/07/30  愛ちんさん
ありがとうございます;▽;
嬉しいです!

朝顔も笑顔も優しい思い出もずっとこの庭に残り続けるんでしょうね

それにしても心に浮かぶ光景を文章で書くのって難しいです**
上の文章に何時間もかかってしまいました
2012/07/30  雪の雫さん
素敵なお話ですね!
百合ちゃんの言葉がじんわりと自分にも響きます。

笑顔もずっと残り続けるのでしょうね。
こちらも嬉しくなるような笑顔です。

 

 

 

 

朝顔誕生花登場版

 

 

 

8月1日の誕生花「朝顔」うんちく(改定)


8月1日の誕生花は「朝顔」です。

ヒルガオ科サツマイモ属

原産地は熱帯アジア、ヒマラヤ

日本でないのが意外でした。
日本への渡来は奈良時代末期、遣唐使が種を薬として持ち帰ったのが最初だそうです。

古く、万葉集にも「朝顔」の記述がありますが
そちらは木槿(ムクゲ)や桔梗(キキョウ)を指したものであるようです。

種子の部分に下剤や利尿作用があり、
平安時代までは薬用として栽培されていました。
ただし毒性も強く、素人が安易に服用するのは危険です。
毒症状は嘔吐、下痢、腹痛、血圧低下。

朝顔が日本で流行したのは江戸時代からです。
朝顔ブームで品種改良が進み、珍しい種は高価で取引されたようです。

中国では「牽牛(ケンギュウ)」とも呼ばれています。
朝顔の種が薬として非常に高価で、
贈答品として贈られたときに
牛を引いてお礼に行ったことからこの名がついたとか。

江戸時代には、この名と、七夕の頃に咲くことから
彦星織姫の花として、とても縁起の良い花とされたそうです。

天秤で朝顔を売り歩く、朝顔売りなどもいたようです。
風流です。

入谷朝顔市が始まったのは明治時代からです。

また実は朝顔は、夏の季語ではなく秋の季語とされています。
不思議です。

「朝顔に つるべ取られて もらひ水」 加賀千代女
有名です。

花言葉は
「はかない恋」「明日もさわやかに」
「愛情」「あなたに絡みつく」!!!
「固い絆」「愛の絆」

 

8月1日誕生日占いは
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/08/01.html

8月1日誕生花占いは
http://hukumusume.com/366/hana/pc/08gatu/8_01.htm

で見れます
興味のあられる方はぜひよろしくお願いします<m(__)m>