91

 

バセドゥ病のせいかうつ状態。

普段はたえられることが何もかもイライラしてどんより落ち込む。

うえむすは、反抗期に差し掛かったのか、難しくてまたそれにイライラする。

(自閉の子は、反抗期が早く始まり遅くまで続くことが多いらしい)

本当に最近うえむすに怒ってばかりいる。

こっちだって怒りたくないのに、優しいおかあさんをしてたいのに。

とにかく私の神経を刺激してくるのがうまい。

そこらへんに自分でおもちゃを置きっぱなしにしていてからに、しょっちゅうナイナイと大騒ぎ。

お母さんが捨てた! もっと都合のいいお母さんがいい! ウッキーーーーーー!!!!

1度さわぎだすと2時間はギャーギャーが続く。

夜は睡眠障害気味か9時にふとんに入れてもごそごそ起きだしてぶつぶつ文句をつぶやく。

なんで早よ寝なあかんの? 何でしたむすはなかなか大きくならへんの? 何でお母さんはいじわるなん?(しゃべってないで寝えと言ったのに対して)

夜中までぶつぶつ。

したむすと私まで睡眠不足に。

返事をしないとキエー!!!!と叫び倒す。

朝は自分で牛乳をこぼしておいて早くふけと命令。

したむすにお乳をやってて動けないのに。

これでもししたむすをほおっておいて、牛乳をふいている間に、泣いたら泣いたで大騒ぎするくせに。

普通の子の10倍は大変な思いで育てているのに・・

他のお母さんが良かったと言われたらみじめな気持になってくるよ。

私だってあんたなんか生まなきゃ良かったと魔の考えが浮かんできてそれにまた、なんて母親だと落ち込む。

 

9月26日

 

したむすを児童館などへ連れて行くと、まったく他の赤ちゃんと変わらない様子に幸せを感じる。

うえむすの赤ちゃんの時とは何て違いだろう。

ぼんやり胸にもたれて周りのことにはまったく無関心だったうえむす。

どんなに赤ちゃん連れがたくさんいて笑いさざめく中でも私とうえむすだけは孤独だった。

したむすはどんどん自分から他の赤ちゃんに近づきコミニケーションをとる。

好奇心いっぱいでおもちゃにも次々てをのばし周りのことすべてにそのキラキラした目を向ける。

それでいて私のことも忘れず、ハイハイ全速力で戻ってきては満開の笑顔で抱き着いてくる。

普通の赤ちゃんのなんて育てやすくかわいいこと!

ちっちと舌を鳴らすとちっちと返し、パチパチ手を鳴らすとパチパチ嬉しそうに返してくれる。

愛には愛で返してくれる。

うえむすのことをかわいそうだなと思う。

人がうえむすに投げかけた愛情はうえむすの手に届いた途端まったく別のものに変化する。

うえむすの愛も人に投げかけられると延々と続く奇妙な言葉の羅列や、ひっぱたいたり、スライムのように変にべとーとくっついたりやっぱり変化してしまう。

私とうえむす、お互い愛し合っているのに見えない壁が2人の間をさえぎっていて、もがいてももがいてもむきだしのむすめを抱きしめることがかなわない。

 

 

                               8月に戻る

                              

                               10・11月へ