4月~7月の絵日記

4月4日(月)

みなみは今日から1人で保育園でした。

慣らし保育で昼までですが。

10時から懇談会で、終わったら部屋に行ってお昼を一緒にとるスケジュールでした。

 

朝は何にも知らずニコニコお出かけ。

 

お昼寝用のお布団をカバーに入れるのに悪戦苦闘。

みなみはその間、機嫌よく横でおもちゃで遊んでいました^^;

 

でも保育士さんに抱かれたとたん大泣き;

「いってらっしゃい」保育士さんは慣れた様子で離れていかはりました。

 

外へ出てもお母さんから離された赤ちゃんたちの泣き声が響いていました。

 

 

でも家に帰って、掃除して・・みなみの後追いのない家はすぐ片付くし、すごい解放感でした^^

 

すぐに懇談会なので自由な時間はわずか20分ほどでしたが。

 

懇談会の間、窓からチラホラきれいな桜が舞っていてこれからの保育園生活の楽しい予感がしました。

 

部屋に行くと4人乗りベビーカーに乗せられてベランダでうろうろしてもらっていました。

 

顔を見てまた大泣きで縋り付いてきました。

明日から保育園に付く前から泣きそうです;

 

全然泣いてない子もいたなあ・・うらやましいです。

みなみもはやくなじんでくれたらいいのですが・・。

 

 

 

4月7日(木)

みなみの保育園が始まって最初は何もかもが混とんとしていました。

優の小学校がいつから始まるかも、すっかり頭から抜け落ちていて、たまたま学校から春休み前配られていた用紙を見てドッキリ。

明日からや~!

 

忙しい忙しい; 朝、優を起こして、旦那さんに学校へ送ってもらう。

次にみなみの用意をして保育園へ送って行って・・と、思ったらもう優の迎え、帰ってきたらみなみのお迎え。

掃除、晩御飯の用意、お風呂、寝かしつけ。

バタバタ目が回る1日でした。

 

でも少しずつ無秩序の中から秩序が見えてきました。

学校、保育園から帰ったら、しっかり次の日のいるものをまとめておく。

着ていくものも私のものも含めて、ハンカチからおむつまで全部。

 

やらないといけないことはすぐにする。

ため込まないようにする。

寝る前に明日の準備を再点検。

 

なんとかかんとか、リズムが出来てきたみたいです。

 

でも今は仕事をスローダウン中。

仕事を本格的に再開したらどんなことになるか・・眩暈がします;

4月12日(火)

保育園について先生の顔を見ると泣き出すみなみだけど、直前まではニコニコ。

毎朝保育園へ行っているのだから本当に嫌なら家を出る前からぐずると思うし・・慣れてきてくれてるのかな。

 

優は1年以上泣き続けました;

起こした時から泣き続け、朝ごはんもヨーグルト1さじぐらい。

家から保育園への道のりも優の泣き声が響き渡り・・迎えに行った時もしょんぼり座ってて、本当にかわいそうでした。

帰った後もぐったり疲れてました。

 

とはいえ、貧乏で働かんわけにもいかないし。

 

優は今でも朝に弱いし、30回ぐらい「早く!」と、せかしながら行かせてます;

 

みなみは・・何て楽なの~;

朝からあっという間にごはんをパクパク、椅子から降ろしたら、もう上着を手に取り、早くきせろと「あっあっ」

みなみにかける言葉は「待って」です。

 

保育園ではまだ泣いてるけど、スプーンで食べるようになったり、階段も手をつないで上がれるようになって来たり・・成長がすごいです。

 

言葉はまだ少ないのでそれだけ心配です。

言葉がいっぱい出てくれたら安心なのですが^^;

 

4月16日(土)

4月に入ってから殺人的な忙しさです;

優は新5年生、みなみは保育園。

 

2人の保護者会や参観、1歳半検診、書かないといけない書類、用意しないといけないものもいっぱいあって、もういっぱいいっぱい。

 

そんな時に2人そろって風邪はひくし・・。

私も風邪気味だったのですが忙しさのうちにどこかへ行ってしまいました;

 

旦那さんは帰宅が夜中の人で、手伝ってもらえないし・・いえ・・居てくれはっても超マイペースで不器用なひとなのであんまり助けにはならないのですが;

 

夜は旦那さんに先に寝るねとメールを打ってパタンキュウ。

・・・・が、旦那さん・・外で無口な分、家ではかみさんに話したいことがいっぱいに溜まっているみたいです。

 

べらべらべら~(ひ~寝かせて~)

そんなこんなで目がさえてしまって、夜中の絵描き時間が始まります。**

 

 

4月19日(火)

 

保育園に入ってからのみなみの成長が目覚ましいです。

 

まず階段の上がり降りが出来るようになりました。

上がれるようになった!と思ってたら、2日後には降りられるように。

 

保育園から帰るとき、会う保育士さんみんなにバイバイとかわいく手をふるように。

 

 

オモチャの車に乗るようになったり、嬉しい時にほっぺたを手ではさんで「お~」と言ったり。

人形を抱っこして可愛がったり、鏡を見ながら櫛で髪をといたり。

(優はおもちゃを曼荼羅模様に並べて遊んでたなあ)

 

言葉はまだ「ママ」「いや」「ぐ~」(手をぐうにして)と、少ないですが、私の言っていることはわかっているのであんまり心配はしてません。

昨日より今日、今日より明日と、確実に成長していきます。

 

優の方は・・少し成長したかと思うとバンジージャンプのように後戻りするのです;

今も新学期で疲れているのか退化していて、学校から帰ると気のたった宇宙人のヤマアラシ状態です。

 

まあ優にはぼちぼち付き合わなしょうがないなと思っています^^;

みなみの成長に救われる日々いです。

4月27日(水)

実は後日報告ですが1週間前、うちの猫のチャマが入院してました。

それも1か月前に亡くなったジニーと似た症状で・・。

 

前の日までまったく変な様子もなく元気に甘えていたチャマ。

夜中、ニャアニャアないているなと思っていたら、朝にはうんこを垂れてたおれていました。

すぐに病院へ・・と今までならそうだったのですが、ジニーの行った病院には連れて行きたくなかった。

前から目を付けていた病院があって、いつも行列ができているの。

ただジニーが倒れたときは2度とも、今回も、その病院がお休みの日。

 

心配だったけど1日待ちました。

ジニーの時の病院に連れて行っても、また検査だけして様子を見ましょうと言われるだけな気がしたので。

夕方歩けるようになったものの、まっすぐ歩けなくて同じところをグルグル回っている状態。

ご飯を食べるのもグルグル回りながら。

 

朝、旦那さんと一緒に病院へ。

 

ジニーのことも話して、「てんかんでそんなに急に亡くなるのは変だね」。

入院することに。

3日間の入院。

チャマが家を離れるのは初めてでした。

 

診断は脳の神経の異常でした。

生まれつき持っていたものらしいのです。

CTをとったら詳しいことがわかるらしいのですが、この状態で麻酔をかけるのは危険とのこと。

神経を和らげる薬を毎日飲んで、良くならないようならその時考えようとのことで退院して来ました。

帰ってから甘えて甘えて引っ付いているチャマ。

よくがんばったね。

今の所薬のおかげか日に日によくなっています。

どうかこのまま良くってほしいです;;。

 

 

ジニーももし1日待ってこっちの病院に連れてきてたら助かったのかなあ?と、思ったりします。

 

でもジニーが倒れたのはあの地震の前の日。

1回目倒れたときは次の日には元気になっていたし、結局病院には連れて行かなくて様子を見てたかも・・。

 

へその緒がまだ乾ききってないような時に捨てられていた姉妹猫。

母猫のお乳もろくに吸わないままだったと思います。

2時間おきぐらいに哺乳瓶でミルクを飲ませて濡れたハンカチで刺激しておしっことうんちを出させて育てました。

 

去年亡くなった福も、うんこの出にくい病気とわかって、これから闘病生活が始まるかなと思っていたのにあっさり逝ってしまって。

 

ジニーも急変して逝ってしまったし;;。

みんな脳の病変を抱えていたのかも・・。

 

手術を受ける方法もあるみたいだけどかなり危険なようです。

どうしてもと言われるなら、大学病院を紹介するって言ってくれはったけど、麻酔も危険って言ってはるから・・・。

 

このまま薬で様子を見たいと思います。

 

 

4月28日(木)
愛ちんのつれづれ部屋
お腹なぜてニャドキドキ
愛ちんのつれづれ部屋
ご飯がないニャむっ




体調を悪くしてから1週間。

ジニーが最初の発作からちょうど1週間で再発したから、今日はドキドキしていました。

 

でも1日のんびり元気そうでホッとしました。ニコニコ

1日2回の薬はけして忘れないようにやっています。

 

写真は下手だけどこれからなるべくチャマのことをブログに載せていこうと思います。

愛ちんのつれづれ部屋


ガリガリ爪とぎ爪とぎニコニコ

女の子だから身だしなみも気を付けないとね。

でも、お母さん、100均の爪とぎそろそろボロがでて買い替え時じゃない?

次はもう少し高級な爪とぎを買ってね。

 

愛ちんのつれづれ部屋 

 

5月15日(日)

洗濯ものを干していて戻ってきたら・・。

カッポンカッポンと謎の音が。

みなが頭にパパの帽子、足にゆあの運動靴、胸には私のビキニのブラを付けて部屋を闊歩していいました^^;

それはもう得意そうな顔で。

(ビキニはワンピース型の水着の下に着るものです;ビキニだけで泳ぐなんてハレンチなことが出来る歳ではないので^^;)

 

最近人の服を着るのがマイブームなみなです。

なのに自分の服はすぐ脱いで裸になってしまいます++

 

 

ゆあは最近急成長して服のサイズが私と同じになりました;

 

私の夢の1つは娘と服を共有すること^^

夏服と冬服の入れ替え中ごそごそ。

 

おお!着れる、着れる!

 

ところが鏡を見ていたらゆあが鬼の形相で飛んできて、無理やり脱がされました;

「ゆあの服着んといてよ!!!」

 

ゆあは自分の持ち物にものすごい執着心があるのです;

 

娘と服を共用する楽しみはみなが成長するまで待たないといけないようです^^;

5月10日(火)

(全仮名)

ゆあの心障学級の連絡帳に挟んであったプリント。

たけのこ学級の生徒みんなの写真と学年、名前が載っていて、仲良くしてくださいね、の文字。

 

普通クラスのみんなにも配られたらしいのです。

 

私は写真付きやしちょっといやかなあと、思ったぐらいだったのですが・・・

 

6年生の百合香ちゃんのおばあちゃんが爆発を起こしました;

 

かなりいろんなことで大騒ぎするおばあちゃんなんだけども。

孫が大切なあまり、すべてが孫基準なのです。

 

百合香ちゃんはとってもしっかりしていて、勉強も出来る。

 

百合香ちゃんのおばあちゃんの願いは勉強をしっかり教えてもらって、高校からは普通に戻ること。

 

ところが心障クラスにはいろんな子がいます。

支援さえあれば十分普通学級でやれそうな軽度の子から、座っていることも困難な子まで。

 

足を引っ張られるのが許せないそう。

 

勉強の進め方のクレームはいつものこと、百合香ちゃんが誰かにちょっとでもちょっかいをかけられたらもう大変;

学校にも相手の家にも乗り込みです。

 

ゆあは百合香ちゃんとたけのこの中のクラス分けで(5クラスあります)のいつも一緒なので、何か百合香ちゃんにしでかさないかいつもヒヤヒヤなのです;

 

 

今回のこと・・明日校長先生に怒鳴りこむと息巻いてはります。

 

プライバシー保護の観点から許せない、普通クラスの子からいじめられるかもしれない、中学へ通うようになったら1人で通うことになるのに顔を覚えられて待ち伏せでもされるんじゃないか。

 

たしかに普通クラスに通う兄弟がいる家庭もあるし・・。

 

先生もお母さん方に確認を取ってから配ったら良かったのになあ;

 

明日が大変そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

のんびりご飯を食べていたら、苦手な赤ちゃんの影が・・・むっ

5月4日(水)

愛ちんのつれづれ部屋



やだやだこないで!あせる



「チャマ~、みなあっちへ行ったよ~。 チャマ~」

愛ちんのつれづれ部屋


あっ、失礼しました。 トイレですか。(見えにくいですが奥にトイレがあります^^)

愛ちんのつれづれ部屋

はああ~、日差しがきもちいいわ~。

愛ちんのつれづれ部屋

「さ、もふもふタイムよ!早く早く!」

 

愛ちんのつれづれ部屋



ここはどう?

ぐりぐり

「あっ、そこもいい~」ドキドキ      愛ちんのつれづれ部屋





愛ちんのつれづれ部屋







ぐりぐり

「はうあ~ドキドキ


「幸せ~ラブラブ!」 こて~ん。

 

         
                       

愛ちんのつれづれ部屋



   このまま居眠りしてしまったチャマでした。ぐぅぐぅ

5月1日(日)

ゆあの心障クラスでは、5年生からは普通クラスの子のクラブに参加させてもらえるようになります。

ただし10個ぐらいあるクラブの中から選べるのはゲームクラブ、太鼓クラブ、後何か忘れた;のみ。

大きな音が大嫌いでパニックをおこすゆあが選んだのは何故か太鼓クラブ。

保育園の頃は太鼓の音で大パニックをおこしてたのに・・・、やめるよう説得を試みましたがどうしても太鼓クラブ!の一点張り。

 

ところがところが・・・ゆあは大喜びで太鼓をたたいていたようです。

家でも「どんどこどんどん」リズムをとって太鼓のふり。

 

大きな音が苦手じゃなかったの?

 

でも心障学級の子が参加できるのは月1回だけなんです。

障害のある子に太鼓を教えてくれはる所が近くにあるので通わせてやるか迷い中です。

 

あきっぽいからなあ。

もう少し様子をみようかな;

 

 

みなは少しずつ保育園になじんできて、朝はまだ泣くけど、帰り迎えに行ったときは、お友達と輪になって遊んでいたりします。

 

呼んでもなかなかその輪から出てきてくれません。

 

朝は別れるとき泣くくせに^^;

なじんでくれて嬉しいのだけどちょっと寂しさもあります。

 

でも明日の保育園はお休みかもしれません;

みなと私、親子そろって風邪ひきで鼻たれ中だからです;;

こういうときにかぎってゆあもイライラしていて暴れるので、ただいま険悪な空気でピリピリしています;

5月1日(日)

もふもふしてドキドキ

「はいはい」

もふもふ
「いいわ~」

script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/ameblo.js.php?upwh=2906358-1304200841-340-255
 


「えっ?もうやめるの?」むっ

「ごめんお母さんご飯の用意しなきゃ」

「だめ!もっともふもふして!」じろっ!プンプン

script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/ameblo.js.php?upwh=2906358-1304201271-340-255

「わかりましたよ汗ハイハイ」

「そうそう、それでいいのよ~」ラブラブ!

 

 

今日もチャマのもふもふ奴隷です汗 

7月31日(日)
7月31日(日)

加工イラスト、写真にはまり中です^0^;

7月18日(月)
7月18日(月)

ガーンゆあがずっと楽しみにしていた心障学級で行く2泊3日の林間学校。

その3日ぐらい前からちょっと咳は出ていたのですが・・。


昨日の朝、ニコニコ仲間と談笑しながらバスに乗り込んだゆあ。


今日はみなも保育園だし、(昨日まで風邪で3日ほど休ませていました)久しぶりに昼間1人。

掃除して絵もがんばって2枚ぐらい描くぞ~!何て思っていたら・・・


先生から電話爆弾

ゆあが9度以上の熱が出たので迎えに来てほしいとショック!


どひ~~~ん


林間学校は特急使っても2時間半はかかる所・・・。

みなの保育園のお迎えもかなり遅くなる・・。

でも1歳10か月のみなを連れて行ったらものすごく大変だし・・ガーン


保育園に遅くなると連絡して1人で迎えに行きました;

旦那さん、昨日も明日も休みなのに今日にかぎって仕事だしガーン


特急の窓からの風景はどんどん山奥へ。


駅からはタクシー。

タクシー、往復で3000円近い・・ど~~ん



 

愛ちんのつれづれ部屋

帰りの特急、ゆあは熱でぐんにゃり寝てしまったので、私は栄養補給。汗

駅の売店のお姉さんお勧めの駅弁です。

特急の窓からの風景。

愛ちんのつれづれ部屋



愛ちんのつれづれ部屋


私のひざで寝るゆあ。



往復5時間・・。

1万5千円ぐらいかかりましたショック!ダウン大出費です・・・。


ゆあは帰ってきたら熱が下がってきて、おやつを食べています汗


みなも保育園にお迎えにいったらニコニコ元気に遊んでくれていたのでホッとしました。

校長先生からまで心配の電話をいただいて恐縮でした。あせる




空気もすがすがしい所で、ゆっくり観光で行けたら良かったのだけど。汗

7月22日(金)

6月3日(金)

ゆあが金曜日、学校でトラブルを起こしてきました;

 

休み時間に、校庭でよりによって普通クラスの女の子の髪に付けていた、ヘアバンドを無理やりとって、取り合いになったあげく、真っ二つに割ってしまったらしいのです;

 

先生を挟んで女の子のお母さんと話し合い、電話番号を教えてもいいということで、夕方電話をしてひたすらペコペコです;;

 

向こうのお母さんがいい人だったので良かったのですが、・・・・トホホです。

 

ゆあには厳しく言い聞かせたのだけど・・衝動的に悪いことをしてしまうので困ってしまいます。

 

向こうのお母さんはいいといわはったのですが、別のヘアバンドを買ってきて月曜日返す予定です**

 

 

追記:今日、かわいいヘアバンドを見つけたので買ってきました。
ついでに担任の先生の消しゴムをかじってしまったので(ネズミか~;;)それも新しいの買ってきました; 

 

6月17日(金)

最近みなの好奇心がすごいです。

保育園が終わって、マンションの下まで帰ってから探索が始まります;

 

1時間ぐらい・何が面白いのか、自転車をいじったり、小石を拾っては1粒ずつ渡してくれたり好奇心のおもむくままチョロチョロ。

 

本当は早く部屋に戻って家事を片付けたいし、やらなきゃいけないことはやまほどあるのだけど。

 

「みな~」(早く上がろうよ)と声をかけた時「あ?」と、振り返った目がキラキラしていて。

 

猫じゃらしが1本誰かぬいたのを捨てていったのを発見。

目をいっぱいに開いて「うあーうあー」と大喜び。

 

ママチャリの鍵が付けっぱなしで、キーホルダーが下がっているのをチャラチャラいわせて大喜び。

 

ジーッとしているなと思ったらキラキラした目で虫を見てたり。

 

私には見慣れて通り過ぎるだけの風景も、みなには驚きの発見の連続らしい。

 

抱っこして連れて上がれば早いのだけど、

キラキラした目を曇らせたくなくて、今日も暮れていく空にため息をつく。

 

 

私も小さいころはこんなキラキラした目をしていたのかな?
いつからキラキラした目をしなくなったのだろう・・。

 

いつまでもキラキラした目でいられたら、それが本当の幸せではないかと思ったり・・なんて少しセンチになってしまったりします^^;