7月誕生花、挿絵とうんちく

 


7月1日の誕生花は「薊(アザミ)」です。
キク科アザミ属

別名「刺草」「花薊」

英名は「ジャパニーズシスル」(日本薊)
原産地は北アメリカ、東アジア(日本も)

薊の名の由来は、
さわると棘の痛さにアザム
(傷つく、驚きあきれる)からです。


スコットランドの国花です。
1263年、ノルウェー軍が侵攻した時、
夜打ちをしかけたノルウェーの兵士が、
アザミの棘を踏んでしまい

痛みに思わず叫んだことから、
奇襲がばれました。


そのことから国を守った花として、
国の紋章、国花になりました。




西洋では、聖母マリアが、
処刑されたキリストの十字架の釘を抜いて

埋めたところから、
アザミの花が咲いたという伝説があり

「祝福されたアザミ」「聖なるアザミ」とも
呼ばれているそうです。


東北や長野県の一部では
薊の若芽が食用として
スーパーで売られているようです。

主にみそ汁の具になるとか。

「山ゴボウ」や「菊ごぼう」として、
温泉街などで売られているのは

森アザミの根です。

本物の山ごぼうと呼ばれる
植物があるのはあるのですが

そちらは有毒植物なので、要注意です。

アザミには棘はあっても毒はありません。

世界的に薬草と知られていて

痛みどめや胃腸疾患の他、
いろいろな薬効があるようです。



花言葉は
「触れないで」
「報復」「厳格」「人間嫌い」
「人格が高潔」「独り立ち」
「守護」「素直になれない恋」




福娘童話集さんの7月1日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/01.html

 7月2日の誕生花は「ブローディア」です。

ユリ科ブローディアディア属

アメリカ大陸原産

別名「姫アガパンサス」
「花ニラ」

花言葉は
「淡い恋」「受け入れる愛」
「守護」「大切に守る」
「嬉しい便り」「愛の訪れ」


福娘童話集さんの7月2日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/02.html


 


7月3日の誕生花は「立浪草(タツナミソウ)」です。

シソ科タツナミソウ属

名前の由来は、花の形が、
泡だちうちつける波のようだからです。


薬効があり「黄金花」とも呼ばれています。
強壮剤などになるようです。

原産地は、日本、朝鮮半島、台湾、インドシナ

花言葉は
「私の命を捧げます」

福娘童話集さんの7月2日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/03.html



 7月4日の誕生花は「捩花(ネジバナ)」です。


ラン科ネジバナ属

花の名前は、花が茎の周りを螺旋階段のように咲いていくことから
付けられました。

原産地は日本です。

別名「綟摺(モジズリ)」
古名「シノブモジズリ」

百人一首で歌われている、
「もじずり」はこの花です。


「陸奥(みちのく)の しのぶもじずり 誰ゆえに

    乱れそめにし 我ならなくに」

(私は誰にも心を動かされたくなかったのに

今は陸奥のシノブモジズリで染めた
乱れ染めのように

心が乱れています。
誰のせいなのでしょうね)(あなたのせいですよ)
河原左大臣
(源融)
嵯峨天皇の皇子で源姓をもらい、
皇族から離れました。

華やかな恋と財力と才能で
光源氏のモデルになった人物です。

誕生花うんちくと言うよりは、
百人一首うんちくです^-^;


花言葉は「思慕」です。

福娘童話集さんの7月2日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/04.html

           7月5日の誕生花は「カラジウム」です。


サトイモ科カラジューム(ハイモ)属

カラフルで個性的で美しい葉が
観葉植物として人気があります。

原産地は熱帯アメリカ、西インド諸島
19世紀イギリスで品種改良が進みました

英名は
「ハートオブジーザス
(イエス様の心臓)(イエス様の愛情)」
大仰な名前がついています。

日本には明治時代に渡来しました。
和名は「錦芋」「葉錦」
錦のように美しい葉が
サトイモの葉に似ていることから付けられました。


花言葉は
「喜び」「爽やかさ」
「わかちあい」「歓喜」


福娘童話集さんの7月5日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/05.html

 7月6日の誕生花は「浜木綿(ハマユウ)」です。


ヒガンバナ(ユリ)科ハマオモト属

別名「浜万年青(ハマオモト)」
葉の形が万年青の葉に似ているからです。

温暖な海浜に咲くことが多いです。

宮崎県の県花です。

多くのヒガンバナ科の花と同じく、有毒です。
食べると吐き気や下痢を起こします。

原産地は東南アジア、インド、南アフリカ

日本には、種が海の波にただよい、浜にたどり着き、
自然に自生したようです。

花言葉は
「どこか遠くへ」「あなたを信じます」
などなど


福娘童話集さんの7月6日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/06.html


 7月7日の誕生花は「アベリア」です。


スイカズラ科ツクバネウツギ属

春から秋にかけて長く、白い星形の花を咲かせます。
真夏に咲く甘い蜜を持つ花は少ないため、
甘い蜜のアベリアには、多くの蝶や蜂が集まります。

別名「花園衝羽根空木(ハナゾノツクバネウツギ)」
長く読みにくい名前です^^;

原産地は日本、中国、ヒマラヤ、メキシコ

花言葉は「謙虚」「強運」


福娘童話集さんの7月7日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/07.html


 7月8日の誕生花は「グァバ」です。


フトモモ科バンジロウ属

原産地は熱帯アメリカ

和名は「蕃石榴(バンザクロ、バンジロウ)」
だそうですが聞いたことがありません。


果実は食用となり、ビタミンA,B,Cが豊富です。
ただ、種を多く摂取するとお腹を下すので注意です。

葉には、血糖上昇などを抑える効果があり、
「健康茶(グァバ茶)」として有名です。


効能として、コレステロール低下、糖尿病、
下痢、口内炎、胃潰瘍、湿疹改善

痒み止め、汗疹、歯痛などなど
いろいろなことに効くと言われています。


花言葉は「強健」です

福娘童話集さんの7月8日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/08.html

 7月9日の誕生花は「突抜忍冬(ツキヌキニンドウ)」です。

スイカズラ科スイカズラ属

原産地は北アメリカ

英名は「トランペット・ハニーサックル」です。

日本には明治時代に渡来しました。

漢方薬になり、抗菌作用、血圧降下作用があります。
疲労回復や長寿効果があると言う
「金銀花酒」と言う名で売り出されてもいるようです。


ただし果実には毒があるので注意です。

花言葉は
「愛の絆」
「献身的な愛」
「真実の愛」


福娘童話集さんの7月9日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/09.html


 7月10日の誕生花は「グロキシニア」です


イワタバコ科シンニンギア属

和名は「大岩桐草(オオイワギリソウ)」

原産地はブラジルです。
別名バイオレットスリッパ

華やかで熱帯的で美しい花です。

花言葉は「華やかな日々」「媚態」
「艶麗」「欲望」
「愛の喜び」



福娘童話集さんの7月10日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/10.html

 7月11日の誕生花は「フクシア」です。


アカバナ科フクシア属


1センチ前後の小さな実ができますが、
甘く美味しいようです。


別名「釣浮草(ツリウキソウ)」
「瓢箪草(ヒョウタンソウ)」

英名は「レディーイヤドロップス(女性の耳飾り)」
また「女王の耳飾」「天使の耳飾」
「リトルバレリーナ」とも。


原産地は中南米、西インド諸島

日本には昭和の初めに、
アメリカから渡来しました。


花言葉は「信じた愛」「恋の予感」
「お洒落な人」「上品な趣味」
「温かい心」「慎ましい愛」
「激しい心」「愛を信じます」

福娘童話集さんの7月11日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/11.html

 7月12日の誕生花は「銭葵(ゼニアオイ)」です。


アオイ科ゼニアオイ属

名前は、花や葉が銭に似ている
あるいは
種が銭に似ていると言う説がありますが

いささかロマンチックさに描けます**
花はとても美しいのに・・。

名前から銭がたまる縁起のいい花ともされています^^;

花言葉は
「初恋」「信念」
「温和」「温厚」
「母性愛」「母の愛」
「柔和」「古風な美人」



福娘童話集さんの7月12日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/12k.html

 7月13日の誕生花は「蛇苺(ヘビイチゴ)」です


バラ科キジムシロ属

原産地は東南アジア、日本

別名「クチナワ苺」
「森苺」

美味しそうな見かけに反して、あまり味が無く
そのため「蛇も喰わない」と言う意味で
蛇苺と名前が付けられました。

毒があると言う俗説があり「毒苺」とも呼ばれます。
美味しくはないのですが、毒はありません。

ジャムに加工して食べると美味しいようです。

枕草子に「名、恐ろしきもの」として登場しています。

漢方では「蛇苺(ジャモ)」と呼ばれ
全草を乾燥させたものは、解熱、月経周期改善、痔、浄血、
解毒、消腫作用
果実の発酵液は、下痢、風邪の咳、肝臓病などに効果があると言われています。

地方によっては万能の薬と呼ばれています。

花言葉は
「可憐」
「小悪魔のような魅力」


福娘童話集さんの7月13日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/13.html

 7月14日は「ブッドレア」です。

フジウツギ科ブッドレア(フジウツギ)属

甘い香りと、蜜が多いため、蝶がたくさん集まります。

原産地は中国
ヨーロッパで改良され
日本には明治時代に渡来しました。

別名「房藤空木(フサフジウツギ)」

英名は蝶が集まることから「バタフライブッシュ(蝶の木)」「サマーライラック」です。
一部、木の高さが30メートルを超す種類もあります。

花言葉は「魅力」
「深い信仰心」「あなたを慕う」
「私を忘れないで」「恋の予感

 7月15日の誕生花は「凌霄花(ノウゼンカズラ)」です。


ノウゼンカズラ科カンプシス(ノウゼンカズラ)科

凌はしのぐ、霄は空の意味があり
蔓が木に絡まり、天空をしのぐほど高く登る所から
この名が付きました。

英名は「トランペットフラワー」です。

原産地は中国、北アフリカ、南アフリカです。

平安時代に、日本に渡来しました。
夏の季語になっています。

落花すると垂れ流すほど甘い蜜の多い花です。
濃厚な蜜目当てにメジロや虫がよく集まります。

蜜には毒があると言われていますが、迷信です。

むしろ古くから薬として使われてきました。
月経不順、産後の出血、
婦人病疾患などに効能があると言われます。


とても寿命が長く、
豊臣秀吉が朝鮮半島から持ち帰ったという

ものが、まだ金沢市に健在と言います。


花言葉は
「名誉」「栄光」「名声」
「華のある人生」
「女性らしい」「豊富な愛情」


福娘童話集さんの7月15日の誕生日占いのページです

 7月16日の誕生花は「浜昼顔」です。


ヒルガオ科ヒルガオ属

海岸の砂浜に咲きます。
日本では、北海道から
南西諸島まで広く分布します。


若葉はおひたしなどにして食べることができます。

原産地は、日本、韓国、中国

花言葉は「絆」「情事」
「休息」「優しい愛情」
「夜」
昼顔なのに「夜」、不思議な花言葉です。



福娘童話集さんの7月16日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/16.html

 7月17日の誕生花は「疑宝珠(ギボウシ)」です。


キジカクシ科ギボウシ属

原産地は日本、東アジア


花の名は、橋の欄干の宝珠に、
花の蕾が似ていることからです。


山菜として、若芽、若葉などが、浅漬け、
みそ汁の具、サラダ、混ぜご飯の具などに利用される。

ただし若葉が毒草の「バイケイソウ」に似ているため注意が必要です。


シーボルトによってヨーロッパに紹介されて、広まっています。


英名は「プランタンリリー」です。

中国の伝説に、天女が投げた簪が落ちた場所から、
簪に似た花が咲いたと言う伝説があり

その伝説から、
ギボウシには「玉簪花」と言う漢字もあてられます。



花言葉は

「静かな人」「落ち着き」

「変わらない想い」


福娘童話集さんの7月17日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/17.html

 7月18日の誕生花は「マリゴールド」です。


キク科コウオウソウ(マンジュギク)属

春から秋まで絶え間なく咲き続ける、
黄金色の華やかな花です。


マリゴールドの花の名は
「聖母マリアの黄金の花」と言う意味があります。


原産地はメキシコ
日本に渡来したのは江戸時代です。

葉の匂いが強く有毒植物と
誤解されていた時期もあります。

独特の臭気で除虫効果があります。

メキシコでは死者の日の
祝祭を彩る花として大量に栽培されます。

(死者の魂が戻ってくると言う盛大なお祭り。
日本のお盆のようなもの?)


インドでは首飾りに使われます。

別名「万寿菊」「千寿菊」
「孔雀草」「山椒菊」


神話
太陽神に恋い焦がれた乙女カルタは、
自分自身の激しい恋の炎に燃え尽き
肉体を失い、
太陽の中に吸い込まれてしまいました。

彼女のたっていた場所に、
マリゴールドの花が一輪咲いていたと言います。



花言葉は
「予言」「嫉妬」
「悪をくじく」「可憐な愛情」
「生きる」「常に可愛らしい」



福娘童話集さんの7月18日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/18.html

 7月19日の誕生花は「蒲(ガマ)」です。


ガマ科ガマ属

夏から秋にかけて沼や池などの浅い水中に群生します。
蒲の字は、昔、ガマの綿毛を布団に入れたことからです。

またアイヌ民族はガマを編んでゴザにしたそうです。

ガマと日本人のかかわりは古く、日本最古の薬にされていました。

止血作用、利尿作用があり、古事記の因幡の白兎では
大けがをした白うさぎに大黒様が、ガマの穂を患部にぬれば
傷が治ると教えています。


花言葉は「素直」「慈愛」
「慌てもの」「予言」

福娘童話集さんの7月19日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/19.html

 7月20日の誕生花は「トルコ桔梗」です。


リンドウ科ユートマス属

原産地は北アメリカです。

日本には、
大正から昭和の頃に入ってきたそうです。

名前の由来は、花の形が、
トルコのターバンのようで、

桔梗に似ているからだといいます。

入ってきたころは一重咲きのみで
日本中心に改良が進みました。

今、市場に出回っているのはほとんど日本産だそうです。

華やかなので
ウエデングブーケとして人気があります。


花言葉は
「すがすがしい美しさ」「優美」
「希望」「感謝」

福娘童話集さんの7月20日の誕生日占いのページです

http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/20k.html

イラストACさん投稿のトルコキキョウです^^

             7月21日の誕生花は

「ルドベキア、大反魂草(オオハンコンソウ)」です。

キク科キク属
北アメリカ原産

大反魂草の意味は、
日本原産の「反魂草」に花の形が似ているからです。


反魂とは死者の魂が帰ってくること。


魂が帰ってくるほど美しい花と言う意味だそうですが

他にも美しい花はたくさんあるので、この花だけがなぜ
魂が帰ってくるほど美しいとされたのか分かりません。

また葉の形が、人の手が招いているように見えるからとも
幽霊の手のようだからともいいますし、

使者へ供える花にされたからとも
反魂の呪術に使われたからとも言われます。
(歴史的な事実ではなく推測の域をこえないようですが)

もしかしたら何か隠された
深いいわれがあるのかもしれません。


ただしこれは「反魂草」で
大反魂草にはそんな謎のいわれはありません^-^;

日本には明治中期に渡来しました。
繁殖力が高く、
今では特別外来生物に指定され、
繁殖は制限されています。


英名「コーンフラワー」
花芯の中心がトウモロコシの穂のようなので。


別名
「松笠菊(マツガサギク)」「花笠菊」「乃木菊」

花言葉は「正義」「公平」
「あなたを見つめる」「強い精神力」
「正しい選択」


福娘童話集さんの7月21日の誕生日占いのページです


 7月22日の誕生花は「待宵草」です。


アカバナ科マツヨイグサ属

原産地はアメリカ大陸
日本にも帰化しています。

パイオニア(開拓者、先駆者)植物で
沙漠や河原、火事の跡地、荒地、路肩などに生え
他の植物が増えてくると姿を消します。

夕刻に咲き、夜通し咲き続け、明け方しぼみます。
そこかた「待宵草」「月見草」と名前が付きました。

全草、おひたしやサラダ、
天ぷらなどにして食べられます。
また同じく全草に、喘息の鎮咳作用、
胃腸障害の鎮静作用があります。

月見草オイル(英名プリムローズ)は
月経前症候群、生理痛に効果があります。
乳癌治療にも有効とされています。


竹久夢二の宵待草の詩でも有名です。

「やるせない、
釣り鐘草の夕の歌が 
あれあれ風に吹かれてくる
待てど暮せど来ぬ人を 
宵待草の心もとなき
想ふまいとは思へども 
我としもなきため涙 
今宵は月も出ぬさうな」


恋多き夢二が、奥さん(たまき)2歳の子供、虹之助と
訪れた避暑地で19歳の娘タキに一目ぼれ。

密会を重ねたものの
次の年に再び訪れた時、タキはすでに結婚していて
それを寂しがって歌ったそうです。

夢二は絵も詩も大好きですが
人間的にはダメ男に思えてしまう女の私です。
(夢二さんごめんなさい
作品は深くファンです)

「宵待草」は後に曲が付けられ大ヒットしています。

「待てど暮らせど来ぬ人を 宵待ち草のやるせなさ
今宵は月も出ぬさうな」


花言葉は
「移り気」「温和」
「ほのかな恋」「静かな恋」
「浴後の美人」「気まぐれ」「魔法」

福娘童話集さんの7月22日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/22.html

 7月23日の誕生花は「ジンジャー」です。


ショウガ科

生姜の原産地はインドとされていますが、正確には不明です。

紀元前のインド、古代アテネ、中国の孔子の時代などなど
記述に残っているかなり古い時代から
食用、または薬用に使用されてきました。

日本でも「古事記」に記述があります。
中国から渡来、奈良時代には栽培されていたようです。

薬効としては
風邪の症状緩和、発散作用、
健胃作用、胃腸機能低下防止など。


英名は「ジンジャーリリー」
キューバの国花です。
花言葉は
「あなたを信頼します」「豊かな心」
「慕われる愛」



福娘童話集様の7月23日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/23.html

 


7月24日の誕生花は「睡蓮」です。

スイレン科スイレン属

原産地は世界各地の熱帯、温帯。
日本にも池や沼に広く分布しています。

朝に咲き、夕方に花を閉じることから
眠る蓮で、睡蓮と名前が付けられました。

蓮と似ていますが別種です。

蓮は葉と花が水面から高く立ち上がりますが
睡蓮は水に浮いている種類が多いです。
(熱帯睡蓮など、立ち上がる種類もあり)

エジプトでは朝に開き、夜に閉じること、
母なるナイル川に多く咲く睡蓮から、
太陽が昇るように見えることから

太陽神「ラー」が生まれた花とされています。

古代エジプトでは
太陽のシンボルとされ、
エジプト神話や装飾に、

多く登場します。

「ナイルの母」とも呼ばれ

エジプトの国花になっています。

ギリシャ神話

睡蓮の学名は「ニンファー」ですが
それは水辺の妖精「ニンフ」にもとづいています。

英雄、ヘラクレスに失恋し、
川に身を投げたニンフ。


妖精に生まれ変わったニンフは
川辺に人が来ると
睡蓮に身を変え、人が去ると、
元のニンフに戻ります。


人が、睡蓮の美しさに魅入られ、
花を手折ろうとすると

睡蓮に潜む魔物によって
水中に引き込まれ殺されてしまいます。


花言葉は
「清浄」「滅亡」
「信仰」「甘味」
「心の純潔」


福娘童話集様の7月24日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/24.html

 7月25日の誕生花は「麦藁菊」です。


キク科ムギワラギク(ヘリクリサ)属。

原産地はオーストラリアです。

別名「帝王貝細工」

カサッとした花弁で、
ドライフラワーに適しています。

その花弁が麦藁のようなので
この名が付きました。


花言葉は
「永遠」「真実」「永遠の記憶」
「いつも覚えていたい」



福娘童話集様の7月25日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/25.html


 7月26日の誕生花は「ステファノテス、マダガスカルジャスミン」です。


ガガイモ(トウワタ)科シタキソウ属

原産地はマダガスカル

ジャスミンに似た甘いいい香りがするものの、
全く別の花です。

(ジャスミンはモクセイ科)

葉、花、実、根に毒があるので注意です。

毒成分は、中枢神経刺激作用、心機能障害、麻痺。

花嫁のブーケに人気があります。

そのためか別名「花嫁花」です。

花言葉は
「清らかな祈り」「清らかな願い」
「愛される花嫁」「二人で遠くに旅を」
「二人で東方へ旅に」「清純」


福娘童話集様の7月26日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/26.html



 7月27日の誕生花は

「フィソステギア、花虎ノ尾(ハナトラノオ)」です。

シソ科フィソステギア(ハナトラノオ)属

原産地はアメリカ東海岸

英名は「フォルス・ドラゴンヘッド」
勇ましい名前です。

日本には大正時代に渡来しました。
花穂を虎の尾にたとえられて和名は
「角虎ノ尾(カクトラノオ)」
「花虎ノ尾(ハナトラノオ)」
と、付けられました。

西洋では竜
日本では虎に見えたのですね。


花言葉は
「望みの成就」「達成」
「希望」「素直さ」



福娘童話集様の7月27日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/27.html

 


7月28日の誕生花は「露草(ツユクサ)」です。

ツユクサ科ツユクサ属
原産地は日本を含むアジア全土
アメリカにも帰化しています。

朝に咲いた花が昼にはもうしぼむことから
朝露を連想して
「露草」と名前が付きました。

別名
「月草」「付き草」「青花」「移草(ウツシクサ)」
青い色の染料に使われたことから。

「蛍草」「帽子花」「鴨路草(オウセキソウ)」

汁の搾ったものは眼病、腫物、虫刺されに効き
全草、乾燥させたものは
下痢止め、解熱作用、利尿、風邪、心臓病、水腫
脳血栓予防などに効能があります。


古くから日本人に親しまれている身近な花で
秋の季語になっています。



花言葉は
「尊敬」「恋の心変わり」
「小夜曲、セレナーデ」
「密かな恋」


福娘童話集様の7月28日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/28.html

 7月29日の誕生花は「ダリア」です。


キク科ダリア属
メキシコ原産で、メキシコの国花です。

和名は、牡丹の花に似ていることから
「天竺牡丹」です。

日本には1842年(天保13年)に
オランダから長崎に持ち込まれました。


花や葉はサラダや酢の物に
球根もキンピラなどにして食べることができます。

蓮根のような味だそうですが、あまりに食べ過ぎると
ガスがたまり、お腹が膨らんで苦しくなるので注意だそうです。

ナポレオンの奥さん、
ジョセフィーヌが愛した花としても知られています。



花言葉は
「華麗」「優雅」
「移り気」「感謝」
「裏切り」「豊かな愛情」
「エレガント」


福娘童話集様の7月29日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/29.html


誕生花うんちくも後2日で1年分が終わります
ホッとするような
寂しいようなです

 7月30日の誕生花は「日日草(ニチニチソウ)」です。


キョウチクトウ科ニチニチソウ(カタランサス)属

初夏から晩秋まで、毎日次々に花が咲くことから
日日草と名前が付きました。

別名「その日草」

原産地はマダガスカル、ジャワ、ブラジルです。

葉に「アルカロイド」と言う成分があり
抗がん剤に使われたりしますが
毒成分も強いので、素人が手を出すのは危険です。

毒の症状としては
下痢、嘔吐、心機能障害、麻痺、脱毛など。

花言葉は
「楽しい思い出」「若い友情」
「生涯の友情」「優しい」
「美しい思い出」

福娘童話集様の7月29日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/30.html


7月31日の誕生花は「柳蘭(ヤナギラン)」です。

アカバナ科アカバナ属
葉の形が柳、
花が蘭のようなのでこの名になったそうですが

あまり蘭に似ているようでもありません。

原産地は日本です。

花言葉は
「集中する」「焦点」です。


福娘童話集様の7月31日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/07/31.html