誕生日イラスト挿絵+誕生花挿絵

5月

 

福娘さんのページでは上半身、全身、塗り絵ダウンロードサービスが

あります^^

ぜひどうぞ

 

 

366日の誕生花ページ

http://hukumusume.com/366/hana/index.html

 

 

誕生日占いページ

http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/index.html

 

 


5月1日の誕生花は「三葉躑躅(ミツバツツジ)」です

ツツジ科ツツジ属
原産地は日本です
主にやせた岩地や雑木林に生育します。

古くから庭木として愛されてきました。

花言葉は
「節制」「抑制のきいた生活」
「平和」「自制心」



福娘童話集さんの5月1日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/01.html



5月2日の誕生花は「ライラック」です。

モクセイ科ハシドイ属

和名は「紫沈丁花(ムラサキハシドイ)」です。
日本には1890年、
札幌市にある大学の創設者
「サラ・C・スミス」が故郷のアメリカから持ってきました。

その後、街路樹や公園樹に広がり
札幌では市の花に指定されています。

毎年6月には
「ライラックまつりが開催されています。



別名「リラ」(ライラックのフランス名)

とても良い香りで、
香水の材料にもなっています。

ライラックの香りには、
リラックス効果、不安定な心を
穏やかにする作用があるといわれあます。

原産地はヨーロッパ、
イラン、コーカサス地方です。

イギリスでは5月祭の花になっています。

フランスでは「リラの花さく頃」は、
1年で1番気候が良いとされています。

白い花は青春のシンボル、
また紫色は、初恋のシンボルとされています。

花弁は通常4枚ですが、まれに5枚の花があり、
幸福の印とされています。

5枚の花を見つけたら、
誰にも言わすにその花弁を飲みこめば
愛する人と永遠に一緒にいられると
言い伝えられています。


また

ヨーロッパでは青紫の
ライラックの花を送ると、

婚約解消を遠まわしに伝える
サインになるそうです。

また、不吉の象徴で、

部屋に持ち込んではいけない
青紫のライラックの花を身につけた娘は
永遠に結婚できない
という言い伝えがあるそうです。


花言葉は
「思い出を大切に」
「美しい契り」「愛の芽生え」
「若き日の思い出」
「友情」「愛の最初の感情」
「初恋の予感」「誇り」

また紫の花には「初恋の感激」「愛の芽生え」
白には「青春の喜び」「無邪気」「純潔」
青紫「別れ」「悲しみ」



福娘童話集さんの5月2日の誕生日占いのページです

5月3日の誕生花は「牡丹」です

ボタン科ボタン属

原産地は中国です。
公的にではないですが、
中国の国花と言われています。

(一説によると、牡丹にするか梅にするかで
意見が分かれたままになっているそうです)

別名が多く
「富貴草」「富貴花」
「百花王」「花王」「花神」
「花中の王」「百花の王」
この名は、
中国で牡丹が花の中の王、
花の神と呼ばれたことから。

「天香国色」「名取草」
「深見草」「二十日草」
「忘れ草」「鎧草」
などなど

元は薬草としての
栽培が主だったようですが
次第に「百花の王」として
愛好されるようになりました。

薬効としては、根の部分に
「消炎」「吐血」「鎮痛」作用があり
日本でも「牡丹皮(ボタンピ)」
と言う名で使われています。

日本には奈良時代に渡来。
一節には弘法大師が
持ち帰ったとも言われています。

「雪牡丹 千鳥や雪の ほととぎす」松尾芭蕉
「一輪の 牡丹かがやく 病間かな」正岡子規


花言葉は
「王者の風格」
「風格ある振る舞い」
「富貴」「恥じらい」
「人見知り」



福娘童話集さんの5月2日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/03.html


5月4日の誕生花は「山吹」です。

バラ科ヤマブキ属

花の色が、
蕗の花の色に似て黄金色で
美しいことからこの名が付いたと言います。

山吹色の名は、この花から付いています。

原産地は
日本、中国、朝鮮半島

イギリスでは
「イエローローズ(黄色い薔薇)」
または
「ジャパニーズローズ(日本の薔薇)」
と呼ばれています。

別名「面影草」「鏡草」

この別名は、
結ばれることができない恋人同士が、
お互いの顔をうつした鏡を埋めたところ
そこから山吹の花が咲いたと言う
伝説からです。

また、小判を谷底に落としたところ、
そこから山吹の花が
咲いたと言う伝説もあります。

他に

有名な武将「太田道灌」が、
突然の大雨で、
農家で蓑を借りようとすると
出てきた娘が1輪の山吹を差出し、
意味が分からず
怒って帰ってしまう。
のちに
「七重八重 花は咲けども
 山吹の実の(蓑)一つだに、無きぞ悲しき」
の古歌にかけて、
風流に答えていたと知り
歌を知らない自分を恥じて、
その後は歌の勉強に励み、
歌人としても名をはせたと言う
話しも伝わっています。


「春雨の
露のやどりを吹く風に
こぼれてにほふ山吹の花」
源実朝

「ほろほろと
山吹散るか 滝の音」
松尾芭蕉


花言葉は
「気品」「崇高」「金運」
「待ちかねる」



福娘童話集さんの5月4日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/04.html

5月5日の誕生花は「含羞草(オジギソウ)」です。

マメ科ネムノキ亜科

オジギソウの名は、

触れると葉が下に下がって閉じるため


まるでお辞儀しているように見えることからです。


また夜間に葉が閉じることから

別名で「眠り草」とも呼ばれています。



原産地はブラジルです。

樹液には毒があり、

触れるとかぶれることもあります。


脱毛作用もあるそうなので、

間違っても頭にぬらないようにしましょう。



花言葉は

「デリケートな感受性」「感じやすい心」


「敏感」「謙虚」「三枝の礼」




福娘童話集さんの5月5日の誕生日占いのページです


http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/05.html

5月6日の誕生花は「射干(シャガ)」です。

アヤメ科アヤメ属


原産地は中国ですが

かなり古い時代に日本に帰化しています。


別名「胡蝶花(コチョウカ)」

日本に自生する射干は、

系統的に種を持たないので


全て同じ遺伝子を持っています。



花言葉


「友人が多い」「反抗」「決心」


「私を見つめて」




福娘童話集さんの5月6日の誕生日占いのページです

http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/06.html


5月7日の誕生花は「薔薇」です。

花の女王、薔薇です。

女王だけに
記述が多すぎるので
好みの逸話だけ紹介します

バラ科バラ属。

原産地はチベット、中国、ミャンマー
ここから中近東、
ヨーロッパへ伝授され
極東、
そしてアメリカへ
伝わったと言われています。

薔薇の歴史は古く
最初に歴史の中に登場したのは
古代バビロニア(紀元前23世紀ごろ)
「ギルガメッシュ叙事詩」
に、薔薇の棘が出てくるそうです。

ギリシャ、ローマ神話では
美の女神アフロディーテ
(ヴイーナス)の象徴する花です。

アフロディーテが海から生まれ出た時、
祝福した大地が
生まれたての女神と同じぐらい
美しいものとして、
薔薇を作り出したと言われています。

「愛と喜びと美と純潔」を象徴するとされ
それが花嫁は薔薇のブーケを
持つ習慣につながったとか。

紀元前6世紀に(今から2500年前)
ギリシャの詩人
アナクレオンが
「薔薇なる花は恋の花
薔薇なる花は愛の花
薔薇なる花は花の女王」
と、唄っています

クレオパトラが愛し、
カエサルを歓待した時も、
ふんだんに薔薇の花や薔薇の香油を
使ったとか。

また皇帝ネロも
薔薇の花を愛し
貴族たちを招いた宴会では、
庭園の池に薔薇の花を浮かべ、
薔薇水が噴き出す噴水、
料理にも薔薇がふんだんに使われ、

部屋中に薔薇が飾られ、
しかもスイッチを押すと
天井から薔薇が
ふりそそぐ趣向が凝らされたとか

大金持ちのすることはよくわかりません。

ただし、中世ヨーロッパでは、
薔薇は人の心を惑わすものとして
教会によってタブーにされました。

その時代は、
細々と薬草として栽培されるのみだったそうです。
(ちなみに薔薇には利尿作用があるそうです)

時代は変わり
ルネサンス時代には
再び大流行を起こします。

イスラムでは白い薔薇はムハンマドを表し、
赤い薔薇は唯一の神アッラーを表しているそうです。

ローマでは
天井から1輪の薔薇の花をつるし
その下でした話は、人に漏らさないと言う約束事があり
それが今でも「薔薇の下で」というと
「秘密」と言う意味で使われています。

西洋では薔薇は「美」、
百合は「威厳」、
スミレは「謙虚」と「誠実」
をあらわし、
その3つの特性を兼ね備えた女性が
理想の女性とされています。

この3つの花は聖母に捧げられ、
多くの花の中で特別視されています。



イギリス王国の紋章は
バラ戦争後
(ランカスター家とヨーク家の
国をまきこんだ争い)

両家が和解、結ばれた証として、
赤薔薇と白薔薇を
組み合わせた模様になっています。

そこからイギリス国花には薔薇が選ばれました。

他に
ルーマニア、ブルガリア、ポルトガル、
ルクセンブルク、モロッコ、
サウジアラビア、イラン、
イラクなどの国花にされています。

薔薇の英名「ローズ」は
ケルト語の「赤い」が語源です。


日本には
「ノイバラ」「テリハノイバラ」「ハマナシ」が
自生しています。
古くは「うまら」「うばら」と呼ばれ、
万葉集にもその名を出しています。

「常陸国風土記」という古書に、
穴(洞窟?)に住む住民をおびやかす
土族を滅ぼすために、
穴にイバラを仕掛け、
その罠に土族を追い込んだ
との記述があります。

痛そうです。

常陸国にはその故事にちなんだ
茨城(ウバラキ)という地名があり、
茨城県の地名の元になったそうです。

江戸時代の園芸の大ブームでは
薔薇もたくさん栽培されたようです。


「愁いつつ おかにのぼれば 花いばら」
与謝野蕪村



花言葉は
「私はあなたにふさわしい」
「内気な恥ずかしさ」
「愛」「輝かしい」「美」
「あなたのすべてはかわいらしい」
「気まぐれな美しさ」
「無邪気」

また赤い薔薇には
「あなたを愛しています」

真紅の薔薇には
「私を射止めて!」

白い薔薇には
「あなたを尊敬しています」
「あなたは私にふさわしい」

黄色い薔薇には
「嫉妬」「愛情の薄らぎ」があるので注意です。

他に
白い薔薇のつぼみには
「恋愛するには若すぎます」

薔薇の棘にまで花言葉があって
「不幸中の幸い」

葉は「希望あり、がんばれ」

などなどとても書き切れません
花言葉はたくさんの花の中で、
薔薇が一番多いとされています。

さすがに花の女王です。


福娘童話集さんの5月7日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/07k.html

5月8日の誕生花は「藤」です。

マメ科フジ属

原産地は日本です。

別名は

野田藤


紫草


松見草


松無草


ツタはとても強く、

古墳時代の石棺も、

木ぞりに乗せて藤縄で


引っ張ったといいます。



古くから藤を女性に、

松を男性に例え、

近くに植える習慣があったとそうです。



「しはらくは 花の上なる 月夜哉(かな)」

松尾芭蕉


花言葉は

「優しさ」「恋に酔う」「陶酔する恋」


「至福の時」「陶酔」


「決して離れない」


「あなたの愛に酔う」


福娘童話集さんの5月8日の誕生日占いのページです


http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/08.html



5月9日の誕生花は「クレマチス」です。


キンポウゲ科センニンソウ属


蔓植物として人気で、

「蔓植物の女王」と呼ばれています。



和名は「鉄仙(テツセン)」


「鉄線」「風車(カザグルマ)」です。




花びらのように見える所は実は

大きくなった咢(ガク)

(ヘタの部分)です。



原種は小さな花です。



原産地は


日本、中国、ヨーロッパ、北米


洋風の花のイメージがあったので、

日本原産と言うのは驚きました。




英名は涼しい日陰を提供することから


「トラベラーズジョイ(旅人の喜び)」


「乙女の木陰の休憩所」



イタリア名は何故か「ごま塩のひげ」



フランスでは「乞食草」と言う名が与えられています。


昔、乞食が憐れみを誘ってお金をめぐんでもらうために


クレマチスのトゲで体を自ら傷つけていたからだそうです><



別に薔薇の棘でもいいんじゃないのかな・・


あ、薔薇はその辺に咲いていなかったのかも。


痛いわりに

どれほどの効果があったのか、疑問です。


ただのマゾじゃないかと言う気も**



また、ツタで蒔きを縛っていたことから


「鬼婆のロープ」「悪魔のより糸」


突っ込みどころの多い呼び方が多い花です^^;


イギリスでは薔薇をキング、

クレマチスをクィーンと称します。



外国名を知ると


縛ったり、わざと傷をつけたり、

別の意味で女王様な花と言う気がします。




花言葉は


「精神的な美しさ」「許されぬ恋」


「策略」「たくらみ」「安全」「美しい心」



福娘童話集さんの5月9日の誕生日占いのページです

5月10日の誕生花は「石楠花(シャクナゲ)」です。

ツツジ科ツツジ属

原産地は


ヒマラヤ、中国、日本、ヨーロッパ


石楠花は葉に毒があります。


食べると、吐き気、


下痢や呼吸困


難をおこすことがあるので注意です。


(これは他のツツジ科の葉、全般に言えるころです)



漢方薬に利尿、強壮作用のある


「石南(オオカナメモチ)」と言うのがあり、



石楠花と漢字が似ているため、間違えてお茶に煎じて


飲む人がいるそうですが、全然違うものです。

危険です。

ネパールの国花です。

滋賀県、福島県の県花です。


初耳です。(滋賀県、子供の頃住んでいましたが)



蓮華草とかシロツメクサとか




露草のほうが馴染み深かったかな。



花言葉は



「威厳」「警戒」「警戒心」


「危険」「注意せよ」


福娘童話集さんの5月10日の誕生日占いのページです


http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/10.html

5月11日の誕生花は「矢車草・矢車菊」です。

キク科ヤグルマソウ属

原産地はアジア、ヨーロッパ

可憐な花ですが、茎は鎌の刃をいためてしまうほど強いそうです。

学名のケンタウレアはギリシャ神話のケンタウロスにちなみます。
ケンタウロス族の賢者ケイローンが薬草として用いたことからです。

また、古代エジプトでは、青が魔よけの色とされ、
ツタンカーメンの墓には、矢車菊、
蓮、オリーブなどの花冠がのせられていたと言います。


マリー・アントワネットが愛した花であり、洋食器の小花散らし模様は、
彼女のデザインした矢車菊模様に由来するそうです。

英名は「コーンフラワー」
麦畑に多く咲いていたことに由来します。

青い色の美しさから
最高級のサファイアの色合いを「コーンフラワーブルー
(矢車菊の花の青)」と、呼ぶそうです。

矢車菊の深い青は、あらゆる青い花の中でも
さいも完全な青とされています。

和名の矢車菊、矢車草は
鯉のぼりの端に付ける、矢車の形に見立てて。

ドイツ、エストニア共和国、マルタ共和国の国花です。

「逸話」
ナポレオンがプロシア(ドイツ)に攻め込んだ時に、
ルイーズ皇妃は、王子たちを連れて

逃げまどい、穀物畑に身を隠しました。
その時、矢車菊の花で花冠を作り、王子たちを慰めました。

王子の一人がやがてウィルヘルム皇帝となり、
矢車菊を紋章にしたため、
「皇帝の花」と呼ばれるようになったとか。


そして初代ドイツの皇帝になったため、
矢車菊がドイツの国花に選ばれたそうです。


ロマンチックです。

花言葉は
「繊細な心」「幸福感」
「優美」「優雅」「独身生活」
「無邪気」「愉快」


福娘童話集さんの5月11日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/11.html



5月12日の誕生花は「アスチルベ」です。

ユキノシタ科チダケサシ属(アスチルベ属)

原産国
日本、中国、中央アジア、北アメリカ

別名
曙升麻(アケボノショウマ)
升麻と言う名の生薬に似ているため

泡盛草(アワモリソウ)
泡立つような花のため


花言葉は
「自由」「気まま」「恋のおとずれ」
「燃える愛」「熱心な気持ち
「控えめな愛」「消極的なアプローチ」


福娘童話集さんの5月12日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/12.html


5月13日の誕生花は「ボロニア」です。

ミカン科ボロニア属

オーストラリア原産です。

日本には昭和になってから入ってきた新しい花です。

蜜柑のさわやかないい香りがします。

花言葉
「芳香」「心が和む」
「にぎやかな人柄」「印象的」
「打てば響く」「許されぬ恋」


福娘童話集さんの5月13日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/13.html

55月14日の誕生花は「勿忘草(ワスレナグサ)」です。


ムラサキ科ワスレナグサ属

原産地
ヨーロッパ、アジア

別名
「サソリ草」
サソリの毒を消す花と言われていたので。

フランスでは「あなたを見れば見るほど好きになる」
という、長い俗名がついています。

肺疾患の民間薬として使用されています。

勿忘草には有名な伝説があります。

昔、騎士のルドルフが恋人ベルタのために、
ドナウ川の岸辺の勿忘草を摘もうとして
誤って川の流れに呑まれてしまいました。


彼は最後の力を振り絞って、花を彼女になげます

「僕を忘れないで」と言葉を残し・・

ベルタは彼の墓に花を供え、
花に勿忘草と名前を付けました。

英名は、その伝説のままにforget-me-not
(私を忘れないで)です

日本では明治38年、植物学者の川上滝弥が
「勿忘草」と訳しました
以後、その名で呼ばれています。

それ以前の名前は
「姫紫」「瑠璃草」です。

フランスでは友情のシンボルの花とされています。



花言葉は
「私を忘れないでください」
「真実の友情」「真実の愛」「想い出」
「友情」


福娘童話集さんの5月14日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/14.html

ナデシコ科ナデシコ属

原産地は南ヨーロッパから西アジアの地中海沿岸です。


日本には江戸時代初期に渡来

当時は「アンジャ」「アンジャベル」と呼ばれていました。


母の日を象徴する花になった由来は、

アメリカで起きた1861年~1865年の
南北戦争の頃にさかのぼります。



アン・ジャービスと言う女性が
「母の仕事の日」と称して

敵味方なく、
負傷兵の衛生状態の改善のための活動をしました。


そのアンが亡くなった2年後の1905年、
娘が亡き母を忍び

教会で、
母の好きだった
白いカーネーションを配りました。


それ以後、
白いカーネーションが
母の日を象徴する花になったそうです。


和名は
「阿蘭陀石竹(オランダセキチク)」
「麝香撫子(ジャコウナデシコ)」


スペイン、モナコの国花です

花言葉は
花全般が
「女性の愛」「感動」「純粋な愛情」


色ごとの花言葉


「愛を信じる」「熱烈な愛」
「母の愛」
「あなたに会いたくてたまらない」


ピンク
「尊敬」「温かい心」「上品」
「気品」「あなたを消して忘れません」

黄色
「嫉妬」「軽薄」「愛情の揺らぎ」
「友情」「あなたには失望しました」


「純潔」
「私の愛情は生きている」
「かわいくて愛らしい」

青(ムーンダスト)
「永遠の幸福」

母の日に送るには、黄色と白は注意です。
黄色の花は全般的に花言葉が悪いです。

キリストを裏切ったユダの着ていた
服の色とされているからです。


色に罪はないと思うのですが^^;


白のカーネーションは、
もともとは亡くなった母に贈るもの


日本でも昔は、それにならい
母の日は学校で

お母さんが生きている子供は
赤のカーネーション

お母さんが亡くなっている子は
白のカーネーションを作り、

持ち帰り母に
贈るということがあったようです。


強烈な嫌味にとられる可能性があるので、
白のカーネーションは

お姑さんには贈らないようにしましょう^-^;

部屋に飾る分にはとても美しい色です。
白のカーネーションも黄色のカーネーションも。


またヨーロッパでは、
キリストが処刑されたとき、聖母マリアの流した涙が

カーネーションの花になったと言われています。



福娘童話集さんの5月14日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/15k.html

5月16日の誕生花は「アリウム」です。

ユリ科アリウム属(ネギ亜属)

原産地はアジア

ネギ坊主のような姿がとても愛らしいです^^

花言葉の深い悲しみは、
人が佇んでいる姿に見えるからだそうです。

でも私にはウキウキ鼻歌を歌いながら揺れる
紫頭の妖精のように見えます。

花言葉は
「深い悲しみ」「正しい主張」
「くじけない心」「優しい」「不屈の心」
「繁栄」「幸運」「謙遜」




福娘童話集さんの5月16日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/16.html


イラストACさん投稿の「アリウム」です

5月17日の誕生花は「紫蘭(シラン)」です。

ラン科シラン属

原産地は
日本、中国、台湾

野生種は準絶滅危惧種に指定されています。

ラン科には珍しく、
日向で栽培できるため、
観賞用として庭に植えられることも多いようです。


球茎は「止血」「痛みどめ」
「慢性胃炎」「あかぎれ、ひび」などの漢方薬になります。


花言葉は
「あなたを忘れない」
「お互い忘れないように」
「楽しい語らい」「変わらぬ愛」


福娘童話集さんの5月17日の誕生日占いのページです

http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/17.html




5月18日の誕生花は「梅花空木(バイカウツギ)」です。

アジサイ科(またはユキノシタ科)バイカウツギ属

原産地はヨーロッパ、アジア

香りがよく、花は香木の材料にされています。
オレンジのような甘い香りだそうです。
そのため英名は「モックオレンジ」
オレンジに似た、と言う意味です。


また葉を飲み物につけると、
キュウリのようなにおいがして

酔った気分になる人もいるそうです。

紀元前3世紀のエジプト王に
ささげられたと言う記述があります。




花言葉は
「回想」「気品」「品格」です

福娘童話集さんの5月17日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/18.html



5月19日の誕生花は「芍薬(シャクヤク)」です。

ボタン科ボタン属

原産地は中国、モンゴル、朝鮮半島、シベリアです。

別名「貌佳草(カオヨクサ)」「ピオニー」

中国では牡丹が「花の王」
芍薬は花の宰相「花相」と呼ばれています。

美女の形容として
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」

というのは有名です。

日本には平安時代に、
薬用、観賞用として渡来しました。


小野小町の百夜通い(モモヨガヨイ)の伝説の一つに
言い寄る深草少将に
毎日一株ずつ芍薬を植えさせ、
100株になったら受け入れる・・

と約束した、と言うものがあります。

*百夜通いうんちく
(言い寄る深草少将をうっとおしく思った小野小町。

あきらめさせるために、
100夜屋敷に通ったら受け入れると伝え、

真に受けた少将は毎晩訪れる。

しかし、100日目の夜、
彼女の屋敷に向かった少将は冬の寒さに

凍え死んでしまう・・・
もし彼が100夜目辿り着いていたなら、

彼女は受け入れたのでしょうか)


根は「鎮痛」「止血」「抗菌」
「消炎」「抗けいれん」の生薬になります。

花言葉は
「恥じらい」「謙遜」「思いやり」「内気」


福娘童話集さんの5月19日の誕生日占いのページです

5月20日の誕生花は「花菖蒲(ハナショウブ)」です。

アヤメ科アヤメ属

6月頃に花を咲かせ、花の色は、
白、紫、桃、青、黄など色とりどり美しいです。


江戸時代、花菖蒲の栽培が流行、
葛飾堀切に日本初の花菖蒲園が作られ、
浮世絵にも描かれました。


原産地は日本


菖蒲湯に入れられる菖蒲は、
サトイモ科で、別物です。



花言葉は
「嬉しい知らせ」
「心意気」「優しい心」
「優雅」



福娘童話集さんの5月20日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/20.html

5月21日の誕生花は「カスミ草」です。

ナデシコ科カスミソウ属

英名は「ベイビーブレス」
赤ちゃんの吐息、愛しい人の吐息と言う意味です。

和名は
「霞草(カスミソウ)」
「花糸撫子(ハナイトナデシコ)」

原産地はヨーロッパ、アジア、ヒマラヤ

花束や、他のどんな花も引き立てる花ですが、
カスミ草だけでも十分に可愛らしくて美しいです。



花言葉は
「清らかな心」「無邪気」
「親切」「幸福」
「純潔」「永遠の愛」
「夢見心地」「淡い心」
「深い思いやり」「切なる心」
「人の魅力を引き出す」



福娘童話集さんの5月21日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/21.html


5月22日の誕生花は「檸檬(レモン)」です。

ミカン科ミカン属(シトラス属)

原産地は
インド北部アッサム地方

12世紀ころから地中海地方で栽培されだしたようです。

ビタミンCの重要な供給源として、
15世紀のコロンブスの航海にも船に積み込まれたようです。

日本には明治初期に渡来したものの、
日本の気候には合わず
広島でわずかに栽培されているようです。


歌の歌詞から、ファーストキスはレモンの味と
いわれたこともあったようです●^^●

ビタミンC 、クエン酸を多く含み、血行促進、抗菌作用があります。

花言葉は「情熱」「熱愛」「愛に忠実」
「心からの思慕」「愛に誠実」
「香気」


福娘童話集さんの5月22日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/22.html


余談ですが、檸檬って漢字、とても好きです

5月23日の誕生花は「色待宵(イロマツヨイ)」です。

アカバナ科サンジソ(クラーキア)属

別名
色待宵草、サテンフラワー、ゴデチア

色待宵の花の名の由来は
形が待宵草に似ていて、夕方に咲き、
そして色とりどり華やかなことからです。

夕方に咲き朝にしぼむ待宵草、
また月見草と違い、

色待宵は昼間で咲いています。
原産地は北アメリカ
英名では春の終わりと夏の訪れの頃咲くことから
「フェァウェル・トゥ・スプリング」
(春よさらば)とも呼ばれています。


花言葉は
「変わらぬ熱愛」「お慕いします」「移り気」

福娘童話集さんの5月23日の誕生日占いのページです

5月24日の誕生花は「金瘡小草(キランソウ)」です。
金欄草とも書きます。

シソ科キランソウ属

別名
「地獄の釜の蓋」
地面を這うように咲くことから、
地獄の釜に蓋をする植物とされています。

薬草として古くから人の命を
救ってきたことにもよります。


「弘法草」
弘法大師がこの草が薬草になると広めたことから。

「医者殺し」
医者よりも効く、万病の薬とされたことから。

薬効は
鎮咳、去痰、解熱、健胃、
気管支炎、下痢、高血圧、

昔には「リンパ腺結核」や
「梅毒」などに効くとされていました。

また膿をだし化膿を止めると言われ
「刀傷」にも効果があったとか。


まさに、地獄の釜の蓋だったのです。

近年では、関節炎や、
骨粗しょう症にも効果があることがわかっています。


原産地は
日本、朝鮮半島、中国

花言葉は
「あなたを待っています」「追憶の日々」
「健康をあなたへ」

福娘童話集さんの5月24日の誕生日占い
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/24.html

5月25日の誕生花は
「ラナンキュラス、花金鳳花(ハナキンポウゲ)」です。


キンポウゲ科キンポウゲ属

原産地は
西アジア

十字軍に加わったルイ9世が(1214~1270)
エルサレムから、花が好きな母親のために、
持ち帰り、やがてヨーロッパに広まったと言います。


ラナンキュラスの名は
葉の形、湿地に咲くことから、
ラテン語の「ラナ」(カエルの足)が語源です。


英名はこんもりと黄金に咲くことから
「バターカップ」です。


花言葉は
「とても魅力的」「晴れやかな魅力」「光輝を放つ」
「あなたの魅力に目を奪われる」
「移り気」


福娘童話集さんの5月25日の誕生日占いのページです

http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/25.html

 


5月26日の誕生花は「山葵(ワサビ)」です。
アブラナ科ワサビ属

原産地は日本です。

古くは和佐比と漢字があてられていました。
香辛料として使われてきた歴史は古く、
685年の飛鳥時代の木簡に
和佐比のことが記されています。


718年の奈良時代の文書には
今の山葵の字になっていました。


お寿司、刺身の、世界的な人気が高まって、
英語、フランス語、広東語

、台湾語、韓国語でもそのまま
「ワサビ」と呼ばれています。


日本で取れる山葵は高めなため
チューブに入っている山葵は、
近種の西洋わさびが使われています。



花言葉は
「目覚め」「うれし涙」


福娘童話集さんの5月26日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/26.html

5月27日の誕生花は「蔓薔薇(ツルバラ)」です。

バラ科バラ属
原産地は西アジア、中近東です。

「薔薇の歴史は古く
最初に歴史の中に登場したのは
古代バビロニア(紀元前23世紀ごろ)
「ギルガメッシュ叙事詩」に、
薔薇の棘が出てくるそうです。



ギリシャ、ローマ神話では
美の女神アフロディーテ
(ヴイーナス)の象徴する花です。

ローマでは天井から1輪の薔薇の花をつるし
その下でした話は、
人に漏らさないと言う約束事があり
それが
今でも「薔薇の下で」というと
「秘密」と言う意味で使われています。


「常陸国風土記」という古書に、
穴(洞窟?)に住む住民をおびやかす
土族を滅ぼすために、
穴にイバラを仕掛け、
その罠に土族を追い込んで殺したとの記述があります。


痛そうです。




常陸国にはその故事にちなんだ
茨城(ウバラキ)という地名があり、
茨城県の地名の元になったそうです。」


誕生花「薔薇」うんちくより
蔓バラと同じような内容になるので一部抜粋です

けして手抜きでは・・・ありません、よ



花言葉は
「無邪気」「さわやか」「いつも美しい」
「愛」


福娘童話集さんの5月27日の誕生日占いのページです

http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/27.html

5月28日の誕生花は「鈴蘭」です。

スズラン亜科スズラン属

別名
「君影草(キミカゲソウ)」
「谷間の百合」「八千代草」

ヨーロッパでは「聖母の涙」
フランス語では「ミュゲー」です。

ドイツでは「5月の小さな鐘」
愛らしい花が階段のように咲くことから
「天国への階段」とも呼ばれています。


原産地は
日本、ヨーロッパ、シベリア、
北アフリカ、
アジア

可愛らしい見かけに反して、
全草毒草です。


特に花と根の毒が強く、

嘔吐、頭痛、眩暈、心不全、
血圧低下、心臓麻痺をおこす危険があります。

鈴蘭をいけた水にも毒がとけだすので注意です。


死に至ることもあります。

北海道に自生するニンニク、
「行者ニンニク」と見た目が似ているので

間違えて食べてしまう事故もあるそうです。

鈴蘭の名前の由来は、葉が蘭に似ていて、
花が鈴に似ているからです。
そのまんまですが、きれいで夢のある名前です。

フランスでは花嫁に鈴蘭のブーケを
贈る風習があります。


メーデー、「5月1日」は「鈴蘭の日」とされていて
家族や、親しい人、
愛しい人に鈴蘭の花を贈る習慣があり、

贈られた人は幸せになれるといいます。


フィンランドの国花で
北海道の市の花でもあります。






花言葉は
「意識しない美しさ」
「純粋」「優しさ」「愛らしさ」
「再び幸せが訪れる」
「純潔」「幸福がかえる」


福娘童話集さんの5月28日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/28.html

5月29日の誕生花は「ジャーマンアイリス」です。

アヤメ科イリス属

原産地は地中海地方

別名
「ドイツアイリス」「レインボーフラワー」
根を香水や化粧水の原料にするため
「匂いアイリス」ともいいます。

古くから、
勇気や智恵の象徴とされてきました。

紀元前1500年ごろの
エジプトのファラオ(王)の墓には
墓石にジャーマンアイリスが
描かれているものがあります。


ギリシャ神話

全知全能の神ゼウスの妻
ヘラに従える次女の侍女「イリス」。

彼女は、
ゼウスに言い寄られ困り果てます。

イリスはヘラに遠くへ行かせてもらえるよう、
相談しました。

ヘラはその願いを聞き入れ、
七色に輝く首飾りを与え、神酒を3滴ふりかけ、
彼女を虹の女神に変えてやりました。

そのとき地上にこぼれた神酒が、
アイリスの花になったと言うことです。

イリスはその後、天上と地上を結ぶ、
七色の虹の橋をわたり、
神々の言葉を伝える
使者になったと言うことです。

素敵です●^0^●

花言葉は
「炎」「情熱」「使者」
「豊満」「恋のメッセージ」
「素晴らしい結婚」




福娘童話集さんの5月29日の誕生日占いのページです

5月30日の誕生花は「苧環(オダマキ)」です。

キンポウゲ科オダマキ属

苧環の名は、
機織りの麻糸を巻いた形に似ているためです。

別名
「糸繰草(イトクリソウ)」
「コランバイン」

フランスでは「聖母の手袋」
またライオンが好んで食べることから
「ライオン草」と、
呼ばれていたこともあったそうです。

原産地は、日本、
西洋苧環は、ヨーロッパ、北アメリカ


源平合戦後、
一人残された静御前が、
恋人源義経を想いうたった歌が有名です。

「しづやしづ しづのをだまき 繰り返し
    昔を今に なすよしもがな」


兄、頼朝の討伐から、
義経たちが逃げる途中、

山奥で静御前だけがはぐれてしまいます。

捕えられた彼女は、
頼朝の前に引き出され

皆の前で舞を踊るように命じられます。


都で有名な白拍子だった彼女。
その時お腹には義経の赤ちゃんがいました。

彼女は涙を流しながら舞いを踊り、

見事な舞いに気を良くした頼朝は
褒美に好きなものを与えるといいます。


その時静御前はこの歌を口ずさんだと言います。

「しず、しずと呼びかけてくださったあの方のことを
糸巻き(苧環)を手繰るように思い出し続けています。
あの時間を今に戻してほしい・・」

頼朝は激怒して手打ちにしようとしますが
妻、政子のとりなしで怒りをおさめたといいます。

その後、生まれた赤ちゃんは男の子だったため、
頼朝に殺されてしまったと言います。

その後の静御前の足取りはわかりませんが
彼女の気持ちを想うと涙が出ます。




花言葉は
「断固として勝つ」「勝利の誓い」
「思い出の恋人」「必ず手に入れる」
「あの方が気がかり」
「心配して震えてる」

思い出の恋人、あの方が気がかり
、心配して震えてる
は、静御前と義経の話しから作られたそうです。



福娘童話集さんの5月30日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/30.html


2巡目の挿絵では静御前をイメージして描きたいなあ



5月31日の誕生花は「カラー」です。

サトイモ科オランダカイウ属
(またはサンテデスキア属)




カラーの名の由来は、
ギリシャ語の「Calla(カラー)」、
美しいを意味する単語から来たとも、

真っ白な花弁が、
修道女の白いカラーに似ていたからとも言います。



原産地は南アフリカです。



日本には、江戸時代にオランダから渡来しました。


和名は

「海芋(カイウ)」
「阿蘭陀海芋(オランダカイウ)」

海を渡ってきたという意味です。



花言葉は

「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」
「清浄」「夢のように美しい」
「夢のような恋」


福娘童話集さんの5月31日の誕生日占いのページです
http://hukumusume.com/sakura/uranai/birthday/05/31.html


この女の子はおまじないの花音です
猫のチャオもいます^^