おまけのその後の雪女

・・・お雪が消えた後、子供たちは雪山に何度も母を追おうとした




おの吉は2人をギュッと抱きしめる

子供たちをずっと抱きしめていたかったであろうお雪の分も




「お母ちゃんは雪から生まれ雪に帰って行ったんだよ

あの人はこの山の自然そのものなんだ」




キョトンとする子供たちに言う




「この、山をすっぽり包む雪の中にも、吹く風の中にも、山から大地を通り流れてくる水の中にもあの人はいる

わしたちはあの人の優しい腕にいつも包まれているのだよ」




「じゃあ、お母ちゃんはちゃんとあたいたちのそばにいるの?」下の子が聞く




「ああ、ちゃんと」




懐かしそうに雪を運ぶ風の音に耳をすます父




2人は父に寄り添う










やがて春が来て、日差しが温かく3人を包みこむ



お雪の優しい腕のように




子供たちは光の中に母を見た気がして手をふる







いつまでも




温かい日差しの中で



(今回もその後を気前よく書かせてくださった福娘さんに感謝です




雪女のその後は出来るだけ福娘さんの意向にそう形にしました)

おまけのその後の雪女
作者 愛ちん
ページ数 1
種類 イラスト
大ジャンル 一般
中ジャンル 恋愛,ファミリー,ヒーロー/ヒロイン
投稿日 2012年12月04日
閲覧数 5103
応援数 1

タグ ヘルプ

メッセージの投稿

作品についての感想や応援メッセージの投稿ができます。