朝顔

おまけのその後の朝顔
作者 愛ちん
ページ数 1
種類 イラスト
大ジャンル 一般
中ジャンル 時代劇,ファミリー
投稿日 2012年07月29日
閲覧数 2487
応援数 1
作品紹介こちらは私の想像の世界のその後の朝顔です

「静の眠る菩提寺に参った帰り、2人はお寺で保護された少女2人に会う
百合と鈴という幼い姉妹は旅の途中で両親を相次いで病で亡くしたという

まだ小さな姉が妹を守るようにけなげに抱きしめる

その顔に母は静の幼い頃の面影を見た気がする
父も同じ気持ちだった



ー姉妹を引き取って2か月


夏のある日、朝顔が1輪咲き、母は静の思い出を百合に語る
「おばちゃんも大切な家族が死んじゃったの?」

「この朝顔は静が大切にしまっていた種から咲いた朝顔から、
また種を取って、今年も美しい花を咲かせたの」

「この花からまた種が取れるの?」
「ええ、毎年夏が来るたびに静の朝顔が咲くの」

「じゃあ、静お姉ちゃんはずっと死なないね。朝顔の中に生きているのね」
ニッコリ微笑む幼い少女が愛しくて、ギュッと抱きしめる



朝顔が庭いっぱいに咲くころ

小さな鈴は言葉を話すようになり
舌足らずな声で「お父ちゃま」と甘え、父は嬉しくてたまらない様子で抱上げる

百合も今では2人をお父様、お母様と呼ぶようになり

その幼い手で朝顔の種を集める

キラキラ朝露が輝く庭に親子の笑い声が響く


姉妹を引き合わせてくれたのは静だと、父と母は信じている

2人には姉妹の笑い声と一緒に静の笑い声も聞こえた気がした」


その後の朝顔を描くことを快く了承して下さった福娘様、ありがとうございます!
*その後の物語は私の想像のお話です
こんな風になったらいいなという続きです
タグ ヘルプ
作品についての感想や応援メッセージの投稿ができます。
2012/07/30  愛ちんさん
ありがとうございます;▽;
嬉しいです!

朝顔も笑顔も優しい思い出もずっとこの庭に残り続けるんでしょうね

それにしても心に浮かぶ光景を文章で書くのって難しいです**
上の文章に何時間もかかってしまいました
2012/07/30  雪の雫さん
素敵なお話ですね!
百合ちゃんの言葉がじんわりと自分にも響きます。

笑顔もずっと残り続けるのでしょうね。
こちらも嬉しくなるような笑顔です。

 

ラフ、キャラ案

次回昔話「朝顔」キャラ設定、失敗編、採用編
作者 愛ちん
ページ数 1
種類 イラスト
大ジャンル 一般
中ジャンル 時代劇,ファミリー,古典/文学
投稿日 2012年06月26日
閲覧数 742
応援数 1
作品紹介牡丹灯籠の次のお話「朝顔」のキャラ設定です

上は、物語冒頭にしっかりとお父さんは江戸の侍と書いてあるのに、何故か何故か
平安時代の受領クラスの貴族と勘違いして設定してしまったものです++
(10物語ほどいただいたので、他のものと時代背景がごっちゃになっていたみたいで><)


福娘さんからご指摘を受けて、慌てて下の、江戸時代のお侍さん1家風に訂正しました
夏の話なので、もう少し軽装、浴衣でも良いとのことなので、少女は浴衣、お母さんたちももう少し軽い服装にしようと思います

江戸時代、女の子は12~13ぐらいになると大人と同じような髪型にするようですね
本当は上のようなサラッと流した髪のイメージだったのですが・・。
(ヒロインの少女は14歳です)

そちらは時代背景に忠実に直したのですが、お母さんのお歯黒、眉剃りだけは今の時代での感覚ですが美しくないので、簡略化しました^^;
一応福娘さんには眉剃りお歯黒バージョンの絵もお渡ししたのですが、即こちらをえらばれたのでした^0^;

ともかく悲しく美しいお話です

http://hukumusume.com/douwa/pc/kaidan/08/01.htm
こちらにお話が載っています
良かったら読んでみて下さいね
タグ ヘルプ

メッセージの投稿

作品についての感想や応援メッセージの投稿ができます。

2012/06/30  愛ちんさん
見に行っていただいてありがとうございます!
私のラフがすでに載せていただいていると知らなかったのですが(上に載せた段階では)汗汗です^^;

今、ラフの追加修正作業に追われています*0*
2012/06/28  雪の雫さん
朝顔の顔が、じんわりと胸に残り続ける様なお話でした。
愛ちん様の挿絵(ラフ画)もそれにますます綺麗な色を添えているように思います。
昔話「朝顔」タイトル(完成)
作者 愛ちん
ページ数 1
種類 イラスト
大ジャンル 一般
中ジャンル シリアス/社会派,ファミリー
投稿日 2012年06月30日
閲覧数 911
応援数 1
作品紹介朝顔の挿絵は最初は7枚のつもりだったのですが、福娘さんがアニメ紙芝居にして下さるというので、間の動き、小物、追加シーンなど30枚ほどラフを描きました^^;



タイトルも最初考えていなかったのですが、キャラ設定の絵を使いたいと言ってくださったので

季節の夏らしくして描きなおしました

これから30枚ほどのラフをペン入れ色塗りしていきます^^;

メインイラストのみこちらにもアップしますね。

メッセージの投稿

作品についての感想や応援メッセージの投稿ができます。

2012/07/16  愛ちんさん
ありがとうございます!
そう言っていただけると、ますます頑張りたいなと思います;▽;
嬉しいです
2012/07/16  ぷーちゃんさん
可愛くで、童話も好きになりました♡
2012/07/02  愛ちんさん
ありがとうございます

花には色気を感じます
変態かもしれません0◇0

花や木、着物の模様、ガラス細工や美しい建築物、いろんなものにそこはかない色気を感じて恍惚としてしまいます^^
2012/07/02  雪の雫さん
恍惚としたのは、こちらの方です・・・!
この作品の雰囲気と、朝顔の花、とても好きです。
昔話挿絵「朝顔」場面2(2~4)
作者 愛ちん
ページ数 1
種類 イラスト
大ジャンル 一般
中ジャンル 時代劇,ファミリー
投稿日 2012年07月04日
閲覧数 746
応援数 1
作品紹介このシーンはアニメ紙芝居用に細かい動きを4枚描きました^^;

まだ送りたてホヤホヤなので訂正が入るかもしれません




細かい動きも加えて全30枚の予定です


背景にもう少しぼかしを入れたほうがよかったかもしれません
タグ ヘルプ

メッセージの投稿

作品についての感想や応援メッセージの投稿ができます。

2012/07/06  愛ちんさん
ありがとうございます!

ぼかしって難しいですよね++
ガウスぼかしの微妙な調整が難しくて、私はレイヤーごとに薄くしたりしてぼかしています;

答えが見つからないです~><

浴衣や着物はもともと好きでいろいろな画集を集めていたので、資料にはことかきません^^
2012/07/04  雪の雫さん
ぐわ~!
このお庭と涼し気な浴衣・・好きです~!!!

背景って・・ぼかし具合が難しい・・・(自分もドツボ中・汗)
昔話挿絵「朝顔」場面3(5~7)私の絵の中で1番悲しいシーンです
作者 愛ちん
ページ数 1
種類 イラスト
大ジャンル 一般
中ジャンル 時代劇,ファミリー
投稿日 2012年07月06日
閲覧数 758
応援数 1
作品紹介私の今まで描いた絵の中でもっとも悲しいシーンです

親が子を亡くすほど悲しいことは無いと聞いたことがあります
人生の中で1番つらいことだと・・。

このシーンは描いていて涙が止まりませんでした

お仕事でなかったらとても描けなかったと思います

このシーンから数場面、お母さんの顔はかかず、背後からのアングルになります
人って悲しすぎると顔を無くすと思うのです

このお母さんの救いは悲しみを共有し寄り添う旦那さんと、娘、しずの残した
化身ともいえる朝顔の存在なんですよね

せめて出来るだけ美しく描いてあげたいです
タグ ヘルプ

メッセージの投稿

作品についての感想や応援メッセージの投稿ができます。

2012/07/06  愛ちんさん
ありがとうございます

あかん・・この絵をちら見しただけで涙がダ―ダ―でます;;
自分どれだけ自分の絵の世界に入り込んでるんだか・・

でもこういう昔話って、実話が元になっているのかなと思ったり・・
あああ、あかん涙が~~~
2012/07/06  雪の雫さん
顔を無くすほどの悲しみ・・
描くのも辛いシーンですね。

尚更、お母さんには朝顔の美しさが際立つのだと思います。
メッセージの投稿(300文字以内)