2017ねん恋の魔法とおまじないカレンダー

 

 

こちらから無料でダウンロードができます

リンク

場面設定 ーーーーーーーーー 

学園経営の遊園地『恋と魔法の遊園地(仮)』にやって来たメンバー一行。

花音 「びっくりしたあ」
アン 「学園経営の遊園地ができるなんてね!」
セレン「また一晩でたったよね・・誰が建てたのかなあ」
舞桜 「生徒は年間パスポート無料!いっぱいこれる♪」
美衣 「遊園地にはホテルもあるのかあ、(みんなで)泊まれるね」

女の子たち「そうだね!」ニッコリ。

なぜか真っ赤になる男子たち。

ネルル「開園前に記念写真撮ろう!」

楽しい一年が始まりそうです。

1月

舞台設定 ーーーーーーーーー 

 ファンタジーエリア「29」 ティーカップ

 アザミ 「瑞樹君は私のもんや!邪魔したる!」ガツン!
 アン  「キャア!」瑞樹「うわっ!」

 衝撃で瑞樹の胸の中に倒れるアン。
 いい雰囲気の2人に怒り狂うアザミ。

 アザミ 「離れんかい!キーッ!」
 左京  「ケンカはやめとき ~」
 ゆうかり「困った姉ちゃんや」

ーーーーーーーーーーーーーー

2月

舞台設定 ーーーーーーーーー 

 中心エリア「11」 スカイサイクル

 スカイサイクルの上は強い風でグラグラ。

 舞桜 「怖い~~~」

 兄に護衛を押し付けられてイライラしているイバラ。

 イバラ「ペダルをこがないと前に進まないでしょ!邪魔よ!」
 舞桜 「でも怖い~~」
 青葉 「かわいい・・」
 イバラ「八ッ」(私も怜君に抱き付くチャンス!)

 いきなり隣りの怜に。

 イバラ「私も怖~い」と飛びつき「ぎゃっ!」グラグラ。

 頭の上の父が落ちる。

 怜   「父ちゃん~~~」

 おもむろに羽が生えて飛ぶ父

 怜  「父ちゃん飛べたのか?」
 怜父 「邪魔したくないから下で待ってるよ。ゆっくり仲よくしていていいよ。4人とも♥」

 舞桜に抱き付かれ、一日中でもここにいたい青葉と揺れるスカイサイクルに「ぎゃ~!」と叫び声を止められない怜でした。

ーーーーーーーーーーーーーー

3月

舞台設定 ーーーーーーーーー 

 巨大迷路エリア

 ネルル「公園デートの再来だね」
 プルル「好きなだけグルグル歩き回れて二人にピッタリなスポットだね」

 あきれて飛んで行ってしまう二人。

 美衣「そろそろお昼にしようか、伊織先生」
 伊織「そうだね、お腹がすいてきた」

 迷路内でランチを広げる2人。

 迷いに迷って満月の下の迷路デートになるとは予想していない二人ですが、それはそれで楽しくグルグルしそうな美衣と伊織でした。

ーーーーーーーーーーーーーー

4月

舞台設定 ーーーーーーーーー 

ファンタジーエリア「35」 メリーゴーランド

家族みんなで遊園地に来たセレンと真。
紛れ込んだカエルは絶叫系が好きで
「恐怖ジェットコースターに乗ろうぜ~」
とそちらに向かおうとします。

セレンの恐ろしさに見開いた目を見た真は
「メリーゴーランドにしよう」と引っ張っていってくれました。

「ありがとう真君。私、こういうメルヘンチックなのが大好き」
「良かった」
ニッコリ笑った真にドキドキしてくるセレン。
(これってデートなのかな?家族が一緒だから違う?真君は私のことどう思ってるのかな?)

クルクル回るメリーゴーランドと一緒にセレンの心もゆらゆら揺れるのでした。

5月

舞台設定 ーーーーーーーーー 

中心エリア「21」 危険なフリスピー

(こんなはずじゃなかった~~~!!!)
シヴァは心の中で叫ぶ

絶叫系の乗り物は平気だったのに。
大好きだったはずなのに。

GFの花音となぜか女の子状態の魔王に、男らしいかっこいいところを見せようと思ったのに。
あわよくば両側から「キャー!」って抱き付いてもらえたら、うひょー!って思ったのに。

この「危険なクリスピー」。
本当に危険すぎる!

180度自由自在にぶっ飛んで、俺は白目をむく寸前。

なのになんでだ~~~!!
花音も魔王も何で「キャーキャー」よろこんでるんだ~~~!!!~~~

ーーーーーーーーーーーーーー

舞台設定 ーーーーーーーーー 

地下エリア「巨大お化け屋敷」

~怖い怖いお化け屋敷~
本物もまざっているとの噂です。

でも大好きな伊吹さんとデート中の絵美には、お化けは「キャー!こわい^^」と伊吹さんに抱き付く道具でしかありません。

本物がいたって大丈夫!
伊吹さんが必ず守ってくれると知っているから。

奥ではメルルにせがまれてお化け屋敷に入った魔王が、視察中の理事長とバッタリ。

「ぎゃ~~~!!!お化けより怖い!」
メルルに抱き付き、彼女の乙女なハートを揺さぶります。

ーーーーーーーーーーーーーー

7月カレンダー

舞台設定 ーーーーーーーーー 

アクアエリア「3」 急流すべり

「キャー」「うわー!」
ここはアクアエリアのぐるぐるイルカ。
カップルの楽しそうな声が響きます。

色とりどりの水着の女の子たちと男の子たちは、ぐるぐる急流を回って流れていき、風船のイルカはつかみどころがなくて油断すると水の中にすべりおちてしまいます。

でも、たとえ落ちても、
「青葉君!」
と、しがみつく舞桜、心臓がジャンプする青葉君。

滑り落ちかけてとっさに花音のビキニを引っ張って、
「ばか!放してよ!」
と、彼女のお尻が眩しくてクラクラのシヴァ。

美衣と伊織は息がぴったり合って、ドキドキなる胸の音までぴったり合って。

落ちても落ちなくても、みんな最高にハッピーな気持ちでした。
(シヴァには後で花音の平手打ちがきまりますが・・)

ーーーーーーーーーーーーーー

8月カレンダー

舞台設定 ーーーーーーーーー 

アクアエリア「3」 急流すべり

山吹秀吾は気が進まなかった。
真とセレンと同じボートに乗るなんて。
しっとで嫌な気持ちになるだけだ。
セレンは真を好きで、絶対に自分を好きになってくれないから。
今はただ友達として見守るぐらいしかできない。
でも弟たちに「一緒に乗ろうよ!」 と両サイド背後をガッチリはさまれて、おまけにのぞみちゃんが「秀吾お兄ちゃんと一緒なら乗りたい」とかわいい大きな目をクリクリさせて俺を見た。
信頼しきったこの目には弱い。
しぶしぶみんなで乗り込んだけど、急流を滑り出してすぐに後悔。
セレンは案の定真にしがみつき、俺の胸はメラメラ嫉妬の嵐。
急流すべりの横のプールではアンと瑞樹が仲良く泳いでいて、「チッ」みんないいよな、彼女がいて。
八つ当たりのひがみ根性で腐っていると、急に真の目が見開き手が俺の背後に差し出される。
ギョッ。
ふりかえったら飛んでいくのぞみちゃんの姿がうつり、慌てて抱きしめると同時に水の中に突っ込む。
ギュッと首に手を回し抱き付いてくるのぞみちゃんに、なぜかドキッとした。

これが将来のぞみちゃんにむやみやたらとドキドキする初めてのドキッになるとその時は気づいていなかった。

ーーーーーーーーーーーーーー

9月カレンダー

舞台設定 ーーーーーーーーー 

ファンタジーエリア「34」 白鳥とお花のボート

自称(?)姉の羽根のはえたマッチョが「美香―!危ないぞー!」と叫びながら、たまき君と私のボートに突っ込んできたのはさっき。

ザッブーン!

アヒルから放り出され、目の前でたまき君がブクブク沈んでいく。
でも・・水、太ももまでぐらいしかないんだけど。
アヒルのボートの湖は意外と浅かった。

「たまき君、足立つよ」
ブクブ・・・。
「なんだ・・」
照れくさそうに起き上がった
と、思ったら私を見て真っ赤になる。

「?」(あーあ、奮発して買ったおしゃれな服が台無し・・。たまき君もびしょ濡れだしどうやって帰ろう)
ぼんやり考えてスカートを絞っていたら。
「美香ー!」
ボートをひっくり返した元凶がザバザバ水を切って走ってくる。
「そんな奴と二人きりは危ないぞ!」
「危ない!」
たまき君に抱きしめられ、押される。
突っ込んできたカエルは、ひっくり返ったアヒルに激突しプカーンと浮かぶ。
「お前のほうが危ない・・」
つぶやくたまき君に「まったくだね」と言いかけて、
ドキッ。

まだ抱きしめられてる・・。
たまき君も「あ」っと私を見てなのに、抱きしめる手はほどけなくて。
(やっぱり、危ないかもしれない・・)
心臓の音がドキドキ重なる夏の終わり。
浮かぶ自称姉カエルに思うのだった。

10月カレンダー

舞台設定 ーーーーーーーーー 

中心エリア、魔法のお城

今夜はハロウィン。
かぼちゃのランタンを空に飛ばすハロウィンパーティがあると聞き、魔法のお城の周りに大勢の人が集まります。

「10月と言えば月見じゃ。ハロウィンなどという外国かぶれなパーティーに出れるか」
と言っていたじいちゃんですが、朱雀にせがまれてしぶしぶやってきました。

「きれいですね父上!」
(きれいなのは夢の中のお前じゃ)
でも男性と女性、どちらの朱雀も大切な存在なのは確かで・・

「待て待て!」
突然聞こえる大きな声。
人混みをかき分けて黒バラが三羽のカラスに守られる飛鳥カラスを 追いかけて・・と、
「あれ何?」「魔女?」
空中を舞うたくさんのかぼちゃランタンの中、ほうきに乗った魔女が魔法の杖を振ると・・。
魔法のお城がかぼちゃのお城に早変わり!
「すごい!」「魔法だ!」
でもみんなが気が付かない所で別の魔法も行われていました。

飛鳥カラスはお姫様、三羽のカラスは姫を守る王子三人、黒バラは姫を浚おうとする隣の国の王子に早変わり。
そしてここでも・・・。
「父上!若いころの姿になってますよ!夢じゃないのに」
「・・お前もじゃ」

ランタンの光の中。
朱雀はとても愛らしく美しくて・・。
見つめ合う二人の頬が染まり胸の鼓動は高まって。
このままさらってしまいたいと強く思う白虎でした。

11月カレンダー

舞台設定 ーーーーーーーーー 

スノーエリア スケートゾーン

「ライ先生早く早く!」
ブルブル「はいはい雫ちゃん」
「私、スケート大好きなんだあ」
「はいはい」
「ライちんも誘ったのになあ、来たがらなかったんだ」
「ライオンだから寒さに弱いんじゃないかな」(ブルブル)

今日は初めてのデートだけど、俺がライちんだとは雫は全然気づいていない。
必死で隠していたから。

雫の両親と兄を殺した天界人の一人だと、 絶対に雫には知られてはいけない。

「ライ先生早く滑ろう!」
手を引っ張る雫の笑顔はきらきらしていて。
この笑顔を守るためなら、寒さも我慢する!と誓う。

その横では・・・。

「ぎゃー!なんであんた象のままなのよ!(遊園地の中では人型をとれるのに!)」
「 だってリューク君がゾウの方の私をスケートに誘ってくれたんだもん~」

パオラの足元の氷が重みに耐えかねてバリバリ割れていく。

「ぎゃー!氷の下は底なしの沼なのに!!!」
文子の足はあせってツルツルもつれて、大好きな人影先生に必死に抱き付くのでした。

ーーーーーーーーーーーーーー

12月カレンダー準備中